耳鳴りに関する健康情報


C型肝炎の治療による気分の落ち込み、インターフェロンの副作用を克服できた私の健康法

C型肝炎の治療による気分の落ち込み、インターフェロンの副作用を克服できた私の健康法

私がC型肝炎のキャリア(自覚症状はないが、ウイルスを体内に保有している状態)と診断されたのは、今から11年前のことです。その後の3年間、インターフェロン(抗ウイルス作用を持つ生理活性物質)を皮下注射する治療を受けました。【体験談】キニンモント早苗(東京都・47歳・自営業)


【使うのはペットボトル】心地よい温かさで耳鳴り、めまいを改善「脳幹マッサージ」

【使うのはペットボトル】心地よい温かさで耳鳴り、めまいを改善「脳幹マッサージ」

耳鳴りやめまいは、原因がわからないことが少なくなく、皆さんのなかにも病院で診てもらってもよくならず、お困りのかたがいらっしゃるでしょう。もしかしたらその症状も、脳幹に原因があるかもしれません。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

ある朝、目を覚ましたとたん、驚きました。まるで滝つぼの中にいるような、ザーッという音に包まれていたからです。昔のアナログのテレビは、放送終了時に砂嵐のような画像と音が出たものですが、あの音が自分の周囲で鳴り続けていたのです。それが、私と耳鳴りの、つきあいの始まりでした。【体験談】東京都◎59歳◎会社役員 角野喜洋


全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

内耳の血管はクモの巣のように細く、ストレスやカゼの症状、気圧の変化などでむくんでしまい、血行不良を起こしやすいのです。内耳のむくみは、めまいの原因にもなります。実際に、耳鳴りやめまいの患者さんは、5~6月、9~10月といった季節の変わり目が多いのです。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。私の治療院にも、連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。【解説】武智大輔(たけちはり灸院院長)


【寝返りでめまい】三半規管に入り込んだ耳石が眩暈の原因 寝転がり体操で改善

【寝返りでめまい】三半規管に入り込んだ耳石が眩暈の原因 寝転がり体操で改善

耳が原因のめまいで最も多く、患者さんの約半数を占めるのが、「良性発作性頭位めまい症」です。この病気は、頭を特定の位置に動かしたときに、回転性のめまいが起こります。良性発作性頭位めまい症は、内耳にある耳石器から耳石がはがれ、三半規管の中に入り込むことで発症します。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)


【あごを回す】長い間悩まされ続けた片頭痛が劇的に改善!回転性のめまいも治った

【あごを回す】長い間悩まされ続けた片頭痛が劇的に改善!回転性のめまいも治った

私は、片頭痛に悩まされ続け、10年ほど前から、専門外来に通っていました。  その外来では、首周辺の筋肉のコリを取る薬が処方されていましたが、飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。効きめがないうえ、薬を飲むと、副作用で頭がボーッとします。【体験談】神奈川県◎50歳◎事務職 柳沢俊子(仮名)


首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

首のこりをほぐして耳鳴り、めまい、難聴を改善する「あごの円回し」

耳の症状に見舞われた場合、内耳に問題があると考え耳鼻科に通う人がほとんどでしょう。しかしいくら薬を飲んでも、治療を受け続けても、よくならないケースは珍しくありません。それもそのはず。そうしたケースに悩んでいる人は、根本的な原因が、首に潜んでいる可能性が高いといえます。【解説】劉 莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士)


【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

【耳を温める】と全身の免疫が上がる! 耳鳴り、難聴にも効果

温熱療法は正しく行えば、体の痛みやこり、疲労の解消に役立つばかりか、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、さらには精神疾患にも有効です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

【耳の悩み】耳鳴り、難聴、めまいに効く食事―その原因と症状から考える

私が勤務する「りゅうえい治療院」には、耳鼻科にかかっても、なかなか改善しないことが多い耳鳴り・難聴・めまいといった症状で来院される患者様がたくさんいます。鍼灸師として、かつ、管理栄養士としてどんな食べ物が耳の悩みの改善に役立つかお話ししましょう。【解説】立花愛子(りゅうえい治療院副院長・鍼灸師・管理栄養士)


【専門医が考案】耳鳴りの症状をピタリと止める「片手でできる呼吸法」

【専門医が考案】耳鳴りの症状をピタリと止める「片手でできる呼吸法」

私が片鼻呼吸で効果を見出したのは、耳鳴りの症状です。片鼻呼吸は、そもそもヨガの呼吸法の一つである、「イダーピンガラ呼吸」を基にしています。ヨガの呼吸法で、気の巡りをよくすることが、耳鳴りの解消につながると考えられます。【解説】陣内 賢(陣内耳鼻咽喉科クリニック院長) 


血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

血流やコリを改善しストレス解消! 「わきもみ」は 耳鳴り、めまい、難聴に特効

私の施術所には、耳鳴りやめまい、難聴に悩む患者さんも、多く訪れます。そうした症状に治療効果を上げているのが、わきの下への刺激を加えた施術です。これまでの施術経験から、軽い耳鳴りなら2ヵ月ほどで、重症でも1年くらいで改善の傾向が現れます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

逆流性食道炎、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


【鍼灸師】10年以上悩まされた「耳鳴り」が治った 心掛けたあることとは?

【鍼灸師】10年以上悩まされた「耳鳴り」が治った 心掛けたあることとは?

耳鳴りの患者さんには、首や肩に、異常なほど頑固なコリが見られます。これを鍼灸で治療すると、症状がある程度まで改善します。それに加えて、食事の内容を見直すと、さらに治療効果がアップするのです。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


【名医が解説】めまいは「体を動かして」治せる―原因と改善法、再発防止法まで

【名医が解説】めまいは「体を動かして」治せる―原因と改善法、再発防止法まで

めまいを引き起こす代表的な病気に良性発作性頭位めまい症、耳鳴り、難聴を伴うメニエール病、めまいを伴う突発性難聴、前庭神経炎があります。いずれも、自分や周囲の風景がグルグル回っているように感じる、回転性のめまいを伴うのが特徴です。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

首の痛みは【ストレートネック】が原因 対策は顔の "ココ" を押すこと

私の治療院へ、首のトラブルで来院される患者さんの多くは「ストレートネック」です。ストレートネックとは、首を前に出した姿勢を長年続けたことにより、緩やかなS字カーブを描くはずの頸椎(首の骨)が、真っ直ぐになってしまった状態です。スマホ首ともいわれています。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)