腱鞘炎に関する健康情報

腱鞘炎に関連するキーワード

腱鞘炎の治し方 腱鞘炎とは
>>腱鞘炎に関連するキーワード一覧

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【腱鞘炎は猫背に多い】指 手首 ひじの痛みの原因は "運動不足" ストレッチで改善

【腱鞘炎は猫背に多い】指 手首 ひじの痛みの原因は "運動不足" ストレッチで改善

運動不足も腱鞘炎を引き起こします。運動不足は筋肉の柔軟性を低下させます。とくに柔軟性を失いやすいのが太ももの後ろ側やお尻の筋肉です。前屈をして指先が床につかないようであれば、太ももの後ろ側やお尻の筋肉が硬くなっている可能性が高いと言えます。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


手首が痛い! 親指が痛い!【スマホ腱鞘炎】を予防・改善する"対策とコツ"を紹介

手首が痛い! 親指が痛い!【スマホ腱鞘炎】を予防・改善する"対策とコツ"を紹介

腱鞘炎を誘発する、仕事や習慣でやりがちな動作をいくつか紹介しましょう。まさにいま腱鞘炎で悩んでいる人はもちろん、手首やひじに違和感を覚えている人、以前に腱鞘炎の経験がある人は、習慣になっている動作を見直すことをおすすめします。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【肘が痛い!】ひじの腱鞘炎を予防、症状を改善する "カバンの持ち方"はこれ

【肘が痛い!】ひじの腱鞘炎を予防、症状を改善する "カバンの持ち方"はこれ

みなさんは手提げカバンを持ち上げるとき、どんな持ち方をしていますか?カバンの持ち手を上からつかみ、手首を手の甲の方にグイッと曲げて持ち上げることが多いのではないでしょうか。この動きは、手首の腱鞘炎を誘発する危険な動作の一つです。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


腕・肘・手首・指の【腱鞘炎】痛みや痺れの症状を予防、改善する "正しい姿勢"

腕・肘・手首・指の【腱鞘炎】痛みや痺れの症状を予防、改善する "正しい姿勢"

肩が動きにくい場合、肩だけをマッサージでほぐしたり、ストレッチでリラックスさせたりするだけでは、根本的な対策にはなりません。大もとである正しい姿勢を身につけることから始め、肩の動きをよくして、ひじや手首への負担をへらしましょう。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【スマホ腱鞘炎】ドケルバン病やばね指の症状を予防・改善する "包丁の持ち方"

【スマホ腱鞘炎】ドケルバン病やばね指の症状を予防・改善する "包丁の持ち方"

最近では、元AKB48の川崎希さんが、出産後、腱鞘炎の一種であるドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)に悩んでいることをブログで公表し、話題になりました。ドケルバン病は、ばね指(弾発指)と同じく、女性に多く発症する症状です。【解説】高林孝光(鍼灸師・柔道整復師・アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)


【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

【腱鞘炎】手首が痛い 甲が痛い 指の痛みは "腕"のマッサージが効果的と判明

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事なのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)