かかとあんまの効果に関する健康情報


【2万人のデータが実証】ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善する

【2万人のデータが実証】ひざ痛は「かかと」の反応点をもむと改善する

歩くと痛む体の部位というと、その筆頭に挙げられるのが、ひざです。ひざには大きな筋肉がないため、もともと痛めやすい上、加齢に伴って関節が老化すると、骨の間でクッションの役目を果たしている軟骨の弾力性も低下してくるので、痛みが出やすいのです。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)