がんに関する健康情報


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

「植物は、なぜがんにならないのだろう?」私は研究を進め、植物に大量に含まれるファイトケミカルに、がん予防効果があることを突きとめました。緑茶のカテキン、トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、身近な野菜に含まれています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

指つかみは、指をつかむだけという、とてもシンプルな方法ですが、不安、緊張、怒り、悲しみといったマイナス感情を鎮め、全身のエネルギーの流れを整えて、体の不調も解消してくれます。【解説】森田知恵(国際医療スペシャリスト)


【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(ナッツクリームシチュー・デザート)

【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(ナッツクリームシチュー・デザート)

「ナッツクリームシチュー」は、鍋で煮込む加熱食ですが、いきなり誰もが全食事をローフード100%にする必要はありません。加熱食を禁止するのではなく、非加熱食の割合を増やすといった考えのほうが、体も順応しやすく、長く続けられるからです。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【ガンとは何か】そもそも癌って何? なぜ癌になるの? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

人間は、胎児のときからガンの遺伝子を持っていますが、出生時に、ガンの遺伝子は読み込まれない位置に入り込み、身を潜めます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

母の末期ガンがきっかけで食養生を研究し、たどり着いた答が「ローフード」でした。食材のイキイキとした生命力をそのままいただくために、あえて加熱はしません。大切なのは食材にじっくり向き合うこと。食材が喜ぶ形に整えてあげることが調理なのですから。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説 新玉ねぎより通常のものがお勧め!

「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説 新玉ねぎより通常のものがお勧め!

酢タマネギは、タマネギの食べ方としてはとてもお勧めの組み合わせです。なぜなら、酢とタマネギには共通する作用が多く、二つを組み合わせることで、脂質改善・降圧・血糖改善・血流改善・抗炎症、殺菌などの相乗効果が期待できるからです。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

腸内フローラの乱れは便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。「きな粉ヨーグルト」で腸内細菌が増え、腸内環境が整います。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【腸内フローラ】"長寿菌"と"やせ酸" を増やし肥満やガンを防ぐ玉ねぎヨーグルト

【腸内フローラ】"長寿菌"と"やせ酸" を増やし肥満やガンを防ぐ玉ねぎヨーグルト

健康長寿の人生を歩めるかどうかは、あなたのおなか(大腸)に住む腸内細菌によって決まる――。これは長年、健康と腸内細菌の関わりについて研究してきた私の結論です。【解説】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

「ローフード」とは、生の野菜を中心にいただく健康食のことです。48℃以下で調理を行えば、食物中の栄養素、水分、酵素などを壊すことなく摂取できることから、ハリウッドセレブの間で流行となり、日本でも実践する人が増えてきました。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


【乳がん検診】最新マンモ(トモシンセシス)とPEM(乳房専用PET)どちらが良いか

【乳がん検診】最新マンモ(トモシンセシス)とPEM(乳房専用PET)どちらが良いか

乳がん検診で行われるマンモグラフィーは「痛い」イメージから敬遠したくなる人もいるようです。また、日本人女性は乳腺の密度が高い人が多くて異常が見過ごされてしまうことも。しかし、最近、新たな検査技術が登場し、痛みも少なく、より高精度の検査が可能になっています。【解説】片山敦(医療法人社団ゆうあい会ゆうあいクリニック理事長)


【アマニ油と卵の効果】脳を活性化する食品と判明 クルミ1つかみで記憶力が改善

【アマニ油と卵の効果】脳を活性化する食品と判明 クルミ1つかみで記憶力が改善

脳の働きを改善する栄養素「オメガ3系脂肪酸」は、健康科学の最先端研究機関であるNIH(米国国立衛生研究所)「高齢者の認知機能の低下を改善する」「気分障害の治療の基礎となる」と推奨しています。「コリン」もまた、NIH推奨の栄養素です。【解説】久保田競(京都大学名誉教授・脳科学者)


「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

「週2回の射精」が前立腺肥大とガン、EDを予防する!セックスの重要性を医師が解説

前立腺肥大症や前立腺ガンだけではなく、血管にかかわるさまざまな病気を予防するために、セックスもしくは、マスターベーションを頻繁に行うことが大事です。日々、頻繁に射精をすることは、すなわち、大変有効な健康法なのです。【解説】永井敦(川崎医科大学泌尿器科学教室教授・医学博士)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)