吐き気に関する健康情報


【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

逆流性食道炎の2大原因は「胃酸過多」と「下部食道括約筋の機能低下」です。この2つは迷走神経の機能低下により引き起こされます。その迷走神経を活発にするのが「後頭部のへりのもみほぐし」です。1日1回、いつ行ってもかまいません。準備体操として、首と肩の筋肉をほぐしておくと効果が高まります。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

【逆流性食道炎】胃酸過多による吐き気やムカムカを改善するには「サイダー」を○○で飲むと良い

逆流性食道炎は、胃からの逆流を防ぐ弁が閉まりにくくなることにより、吐き気や胸のムカつきが起こる病気です。これは、胃腸の調子が悪ければ、誰にでも起こりうることです。サイダーをスプーンで飲むと、ムカムカだけでなく逆流性食道炎自体も改善することがあることです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長)


【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

交通事故や転倒、スポーツなどで首や腰に衝撃を受けたことがあり、その後、頭痛やめまい、首の痛み、耳鳴り、体のだるさといった症状が続いている……。もし思い当たるようなら、「脳脊髄液減少症」という病気かもしれません。【解説】篠永正道(国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科教授)、【取材】医療ジャーナリスト山本太郎