変形性膝関節症に関する健康情報


【変形性膝関節症】ひざ痛改善率がアップする運動4選 ひざの皿を上下にさすれば正座ができた

【変形性膝関節症】ひざ痛改善率がアップする運動4選 ひざの皿を上下にさすれば正座ができた

一般的に、変形性ひざ関節症によるひざの痛みは、「筋肉に原因がある」とする説が多いようです。しかし、私は筋肉は関係ないと考えています。なぜなら、ひざ関節の周囲に筋肉はないからです。では何が原因かというと靭帯(骨どうしをつなぐ組織)と関節包(関節を包む膜)の拘縮だと考えています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【ひざ痛改善体操】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

【ひざ痛改善体操】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

手首つかみは手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけでひざ痛をはじめとする関節痛が驚くほど軽快します。ひざが悪い人はほぼ例外なく股関節がかたくなっており太もも前面の筋肉が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのためひざがうまく動かず痛みが出てくるのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


膝痛改善を1ヵ月で実感!84歳でもピンと立てた!医師考案「ひざヨガ」のやり方

膝痛改善を1ヵ月で実感!84歳でもピンと立てた!医師考案「ひざヨガ」のやり方

ひざ痛を抱える人は、特にひざの裏が伸びにくくなっています。ひざ裏の奥にある「膝窩筋」という筋肉が、かたくなっているからです。そうなると、ひざ痛だけでなく、足が上がらずすり足になったり、階段の上り下りがつらくなったり、歩くスピードが遅くなったり、といったことが起こります。【解説】川村明(かわむらクリニック院長)


痛みがあってもできる!ひざ痛対策運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 水が減り、たまりにくくなる

痛みがあってもできる!ひざ痛対策運動「ひざの曲げ伸ばし」とは 水が減り、たまりにくくなる

ひざ痛を招く要因はケガを除けば主に3つあります。肥満、姿勢の悪さ、動かし不足、この3つです。痛みの主な原因が肥満や姿勢の悪さにある人が、減量したり、姿勢をよくしたりするのは、当然のことです。ここでは、肥満や姿勢などに関係なく、ひざ痛に悩む人全員にお勧めしたい体操を紹介します。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事「OK食品・NG食品」を専門医が紹介

【変形性膝関節症】ひざ痛を改善するサプリに頼らない食事「OK食品・NG食品」を専門医が紹介

変形性ひざ関節症は男性に比べて女性の発症率が高く、当院の患者さんも、60〜80代の女性が中心です。患者さんには「体重を減らす」「骨や軟骨を丈夫にする」「筋肉をつける」という三つを目標に日常生活を送るよう指導します。まずは食事の改善から始めるといいでしょう。【解説】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!医大教授が効果を実証

【ひざ痛が改善】1日3分の「ひざ伸ばし」で手術を回避できた!医大教授が効果を実証

ひざの痛みを訴えて整形外科を受診する人の多くが「変形性ひざ関節症」です。なりやすい人の傾向として「肥満ぎみ」「女性」「足の筋力が弱い」「運動不足」が挙げられます。原因にはもう一つ、「関節包」という組織が関係していることがわかってきました。【解説】千葉純司(東京女子医科大学東医療センター整形外科部長・教授)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(2)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【膝の痛みの原因】変形性膝関節症には"タオル筋トレ" 手術も回避

【膝の痛みの原因】変形性膝関節症には"タオル筋トレ" 手術も回避

中高年のひざ痛の主な原因は半月板が割れることです。半月板自体には神経が通っていないので割れたことでは痛みはありません。割れた破片がはみ出して血管や神経の通っている靭帯や関節包に当たって傷つけ神経を刺激するために痛みが生じます。これが「変形性膝関節症」の最大原因です【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【解説・監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

【ひざ痛撃退】変形性ひざ関節症を改善するレシピ(1)

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)【料理】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【変形性膝関節症】有効率100%!膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

【変形性膝関節症】有効率100%!膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

私は、自らの闘病体験を通して「母趾球歩き」という歩き方を考案しました。そして、この歩き方に、30代半ば以上の女性、そして40代以上の男性に見られる、ひざの内側が痛む関節症を直す効果があることを確認しました。【解説】田中瑞雄(整形外科専門医)


【変形性膝関節症】安静第一は大間違い!注意が必要な「特発性骨壊死」との違いは

【変形性膝関節症】安静第一は大間違い!注意が必要な「特発性骨壊死」との違いは

運動不足になると体重も増加しがちです。体重が増えれば、ひざにかかる負担はより大きくなります。また、歩く際にバランスを調整する能力も低下します。これも、ひざへの負担を増大させることになります。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長・千葉大学大学院医学研究院特任教授)


【自分で治せる】整形外科医が解説 ひざ痛の患者9割に効果「ひざ振り子」はすごい

【自分で治せる】整形外科医が解説 ひざ痛の患者9割に効果「ひざ振り子」はすごい

ひざは、生活する上で最も大切な関節です。日本人は、ひざの痛みに悩んでいる人が多く、治療の必要な人は800万人ともいわれています。ひざ痛の原因として最も多いのが、変形性膝関節症です。これは、加齢によって関節軟骨が徐々にすり減っていく病気です。【解説】勝呂徹(東邦大学名誉教授)


【医師の明快解説】「ひざが痛い!」変形性膝関節症の痛みを解消 軟骨も再生する簡単動作

【医師の明快解説】「ひざが痛い!」変形性膝関節症の痛みを解消 軟骨も再生する簡単動作

変形性膝関節症は、ひざ関節の軟骨がすり減って炎症を起こすために、痛みや腫れが生じる病気です。私は軟骨に負担をかけずに、潤滑油であり栄養剤である関節液を、ひざ関節に行き渡らせる方法を考案しました。それが、ひざ振り子です。【解説】山野慶樹(大阪市立大学大学院名誉教授・清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター顧問)


【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)


ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

ひざの痛みに効く!看護師が教える「弁慶の泣き所刺激」

私はリフレクソロジー(足裏の反射療法)で、お客さまの体調を整えています。その中で気が付いたのが、足裏の状態が悪い人は、ほぼ間違いなく、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、硬かったりします。特にほぐしにくいのが、ふくらはぎの前面、つまり「すね」なのです。【解説】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

ひざが痛いと訴える人は本当に多く、40歳を過ぎると、女性の6割、男性の4割に変形性膝関節症があるという調査データが報告されています(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター)。中高年のひざの痛みの大部分は、この変形性膝関節症によるものです。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長、高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

【自分で治せる】O脚の治し方 整形外科医が教える「絆創膏」O脚改善セルフケア

「歩くと痛い」という場合、症状のかなり多くを占めるのが「ひざの痛み」です。 その主なものは、年齢とともに増えてくる変形性膝関節症によるひざ痛です。変形性膝関節症は、ひざ関節でクッション役を果たしている軟骨が、すり減って痛みを起こす病気です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

【変形性膝関節症の原因と症状】ひざの痛みの治療に「軟骨再生ウォーキング」

ひざ痛を避けるために日常生活でどんな要素が大切か、どんな運動が有効か、そうした重要なポイントが、最新の研究によってわかってきました。【解説】渡辺淳也(千葉大学大学院総合医科学講座特任准教授・東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)