脊柱管狭窄症の改善に関する健康情報


【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

腰の痛みを感じるようになり整形外科を受診してMRIなどの検査を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。病院からもらっていた薬をうっかり切らしてしまった時、激痛が戻ってきました。「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのでのです。【体験談】辻英夫(大阪府・71歳会社員)


【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

立ち仕事も多いせいで、ひどい腰痛に悩まされてきました。痛みに耐えられず、何度か通院すると脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病気)でもあると判明しました。痛み止めの飲み薬も処方されたのですが副作用が強くて飲み続けることができませんでした【体験談】深澤啓子(自営業・67歳)


【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

脊柱管狭窄症は、一般に、脊柱管という神経の通り道が加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病気とされています。私のクリニックにも足腰の痛み・しびれに悩む方がよくいらっしゃいます。私たちが行っている『AKAー博田法』という手技療法をご紹介しましょう。【解説】住田憲是(望クリニック院長)


【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

手術費が高額で、たとえ手術をしても鈍痛やだるさが取れないこともあるのが、脊柱管狭窄症の厄介なところです。1円玉をはって、手術やマッサージでも消えないような、つらい脊柱管狭窄症の痛みを忘れられたという声や、術後に生じるひざのだるさが消えたなど、ありがたい感想をたくさん頂いております【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


【数秒刺激するだけ】脊柱管狭窄症の痛みを瞬時にとる「手の甲刺激」のやり方

【数秒刺激するだけ】脊柱管狭窄症の痛みを瞬時にとる「手の甲刺激」のやり方

脊柱管狭窄症になって脊柱管の神経根が圧迫されると、ふくらはぎの外側や、太ももの裏側などの下半身に激烈な痛みを感じるようになります。これは、座骨神経から分かれた神経が下肢に向かって走っており、その神経の走行に異変が起こるからです。一般の人にお勧めしたいのが、私が考案した手の甲刺激です。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

よく耳にする「骨盤のゆがみ」や「骨盤のずれ」。しかし、実際に骨盤そのものが変形しているケースはほとんどありません。それよりも問題となるのが「骨盤の後傾」で全身のさまざまな痛みや症状の原因となるのです。痛み取りとして、健康法として、またダイエット法として、骨盤起こしをぜひお試しください【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

【名医に聞く】坐骨神経痛の治療法「寝るだけ・伸ばすだけ」簡単体操を紹介

座骨神経痛、脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「長く歩けない」「足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら運動療法のセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


【自分で治せる】坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」とは何か

【自分で治せる】坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」とは何か

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)


【お尻、足のしびれ】脊柱管狭窄症の9割 実は「足指の変形」が原因 セルフケアで痛みは改善できる

【お尻、足のしびれ】脊柱管狭窄症の9割 実は「足指の変形」が原因 セルフケアで痛みは改善できる

足がしびれる、太ももからお尻にかけて坐骨神経痛がある。間欠性跛行がある。このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【腰痛体操】3秒反らすだけ! 腰が痛い時の対処法 "これだけ体操" で腰の痛みは治る

【腰痛体操】3秒反らすだけ! 腰が痛い時の対処法 "これだけ体操" で腰の痛みは治る

一般に、患者さんが腰痛で受診すると、痛みが治まったらストレッチや筋トレをするよう病院から指導されると思います。私自身も、以前はそう勧めていましたが、慢性腰痛への対策には結び付いていない現実がありました。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

瞬時に体温を上げるスーパーレシピ『カレースープ』で背骨も筋肉も強化できる

加齢によって背骨がもろくなると、脊髄の神経を包囲している脊柱管が狭まってきて、脊柱管狭窄症を引き起こしやすくなります。脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されて、しだいにうっ血状態を起こし、脊髄につながっている血流の悪化を招くことから、痛みやしびれが現れてくるのです。【解説】丁 宗鐡(日本薬科大学学長・医学博士)