動脈硬化の予防に関する健康情報

動脈硬化の予防に関連するキーワード

動脈硬化は見た目でわかる
>>動脈硬化の予防に関連するキーワード一覧

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ⑦

酢タマネギのアレンジレシピ「ポークソテー酢タマネギソース」「酢タマネギジャーマンポテト」「酢タマネギ和風トースト」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ③

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ③

酢タマネギのアレンジレシピ「ワカメと酢タマネギの酢の物」「酢タマネギ納豆ごはん」「鶏の唐揚げ・酢タマネギのピリ辛ソース」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

「料理に使える酢タマネギ」アレンジレシピ②

酢タマネギのアレンジレシピ「酢タマネギのサンラータン」「トマトと酢タマネギのサラダ」「サバと酢タマネギのホイル焼き」の作り方をご紹介します。【レシピ考案】古澤靖子(料理研究家) 


【牛乳は健康にいいのか悪いのか】牛乳は腸を汚して、ガンや動脈硬化、婦人科疾患を招くと医師が警鐘!

【牛乳は健康にいいのか悪いのか】牛乳は腸を汚して、ガンや動脈硬化、婦人科疾患を招くと医師が警鐘!

牛乳に含まれるたんぱく質は、消化できないα型のカゼインが中心です。腸の中を汚したり、アレルギーの原因、発がん物質にもなりえます。また日本人の75%は乳糖不耐症であり腸の状態が悪化します。現代人を悩ます病気や症状には牛乳が関係していると考えられます。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


【病院で医師が実証】患者さんの血圧がアッサリ下がった「お手軽な食べもの」とは

【病院で医師が実証】患者さんの血圧がアッサリ下がった「お手軽な食べもの」とは

酢タマネギがブームになっています。身近な材料ですぐ作れることや、効果を実感しやすいことから、そのよさが見直されているのでしょう。そこで、「これから酢タマネギを始めよう」という人に、参考になると思われるデータをご紹介しましょう。【解説】周東 寛(医学博士・南越谷健身会クリニック院長)


【医師解説】疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

【医師解説】疲れ果てた血管、こうすれば必ず再生できる!

動脈は外膜、中膜、内膜の3層から成り、血管壁をつくり上げています。外膜は血管を守る保護層、中膜は血管の拡張と収縮にかかわる層、内膜は薄い線維成分と内皮細胞から成ります。血管を強くする決め手となるのが、この内皮細胞です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【医師解説】ダイエットに最適!酢タマネギの効果をもっと高めるコツ

【医師解説】ダイエットに最適!酢タマネギの効果をもっと高めるコツ

酢タマネギを20年近く愛食され、患者さんにも勧めてきた周東寛先生。酢タマネギの幅広い効果について、それぞれのメカニズムと、効果を高める方法をお話しいただきました。【解説】周東 寛(医学博士・南越谷健身会クリニック院長)


【医師監修】実は高血圧にお勧めの食材 小豆の降圧レシピ

【医師監修】実は高血圧にお勧めの食材 小豆の降圧レシピ

実はアズキは、高血圧対策にお勧めの食材です。毎日の献立にもっとアズキを取り入れて、血圧の改善に役立てましょう。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)、【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


チョコはカラダにいい。じゃあチョコ会社の社員の健康は?工場勤務は?

チョコはカラダにいい。じゃあチョコ会社の社員の健康は?工場勤務は?

近年、カカオにはほかの食品に比べて多くのポリフェノール(色素成分)が含まれていることがわかり、健康効果が解明されつつあります。その効果の一つとして注目を集めているのが、血圧降下作用です。【解説】椎名一紀(東京医科大学病院循環器内科助教)


酢とハチミツと〇〇ーーしなやか血管を作り、物忘れを防ぐ超簡単レシピ

酢とハチミツと〇〇ーーしなやか血管を作り、物忘れを防ぐ超簡単レシピ

血管をしなやかにして血流をよくする「酢タマネギ」の作り方をご紹介します。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


 耳たぶのシワ、まぶたのコブ、 足の左右差は要注意。動脈硬化は見た目でわかる!

耳たぶのシワ、まぶたのコブ、 足の左右差は要注意。動脈硬化は見た目でわかる!

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行していると考えられるので要注意です。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

私は長年にわたる研究で、タマネギの優れた健康効果を解き明かしてきました。ここでは、特にタマネギの物忘れ予防効果を中心にお話しします。【解説】西村弘行(北翔大学学長・東海大学名誉教授)


【医師実践】レモンの健康効果 ― 必ず患者に勧め、私も毎日愛飲し効能を得ている

【医師実践】レモンの健康効果 ― 必ず患者に勧め、私も毎日愛飲し効能を得ている

60歳をとうに過ぎた今も、医師としての激務をこなしながら私が健康を維持できているのは、レモンを毎日取っているおかげだと思います。昔からの腰痛や肩こりが解消したことや、老眼の進行を防いでいることも、レモンが一役買っているのでしょう。【解説】済陽高穂(西台クリニック院長)


【予防医学】動脈硬化を改善し脳卒中や心筋硬塞を防ぐ「血管若返りストレッチ」

【予防医学】動脈硬化を改善し脳卒中や心筋硬塞を防ぐ「血管若返りストレッチ」

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城 実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)


【医師解説】めまいの原因と予防法「食事の三原則」は魚菜食・減塩・低糖質

【医師解説】めまいの原因と予防法「食事の三原則」は魚菜食・減塩・低糖質

めまいを起こさないようにするには、日々の食事に気をつけることも大切です。具体的には、動脈硬化を防ぐ食事を心がけるとよいでしょう。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング