心臓病に関する健康情報


【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

【心筋梗塞 狭心症とは】症状はどこが痛くなる? 痛みは何分続く? 予防法は? (子供でも分かる大人の病気)

心臓病は、日本人の死因の第2位です。心臓を取り巻く冠状動脈の血流が悪くなって起こる心臓病を虚血性心疾患といい、狭心症と心筋梗塞があります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

正しい生活改善をすれば不眠の大部分は改善・解消できるものです。それでも十分な効果がない場合、目安として、不眠症状が「週に3回以上、かつ3ヵ月以上」持続すると「慢性不眠障害」と診断されます。この場合は医師に相談し、補助として睡眠薬を使うのもよいでしょう。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単ダイエット【酢玉ねぎ】基本の作り方と食べ方 高血圧や糖尿病にも効果

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。血圧や血糖値が下がった、ダイエットできた、という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。この機会にぜひ作ってみてください。【料理】古澤靖子(料理研究家)


【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

鏡で、耳たぶを見てみてください。耳たぶには、体の貴重な健康情報が隠されています。その情報を示すのは、耳たぶの大きさや形ではなく「耳たぶのシワ」です。チェックして、シワがあったら要注意。それは、動脈硬化のサイン(フランク兆候)と考えられるからです。【解説】重松宏(山王メディカルセンター・血管外科統括部長)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


【病気を防ぐ歩き方】「歩数」「速度」が調査でわかった! たくさん歩けばいいわけではない!

【病気を防ぐ歩き方】「歩数」「速度」が調査でわかった! たくさん歩けばいいわけではない!

私たちにとって、歩くことは日常生活の基本的な動作の1つです。加えて、歩くのが健康によい手軽な運動であることも広く知られています。皆さんの中にも、肥満解消や病気の改善を目的に、ウォーキングを実行している人は、たくさんいることでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム副部長)


【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

肥満を改善するために、最も効果的な食事が玄米菜食です。玄米菜食とは、主食を玄米や雑穀とし、主菜を野菜や豆、海藻、漬物にして、肉や魚、卵、乳製品は極力控える食事法です。私のクリニックでは、外来の患者さんに、玄米菜食を勧めています。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

「納豆」は、煮大豆に納豆菌を植えつけて作る食品です。納豆菌に豊富に含まれている酵素は、大豆たんぱく質や脂質を速やかに分解する働きがあります。ですから、納豆はとても消化がよく、大豆に含まれるたんぱく質の90%以上を体内に吸収できます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【脳外科医が解説】首を温めると脳幹が活性化し 代謝が高まり ダイエットに効果的

【脳外科医が解説】首を温めると脳幹が活性化し 代謝が高まり ダイエットに効果的

「首を温めると、あらゆる病気が改善する」と言うと、「そんなバカな」と思う人もいるかもしれません。しかしこれには根拠があります。首を温めることは頸椎(背骨の首の部分)のゆがみを正すことにつながります。すると、脳への血流がよくなるため、自己治癒力をつかさどる脳幹が活性化するのです。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)