脳梗塞に関する健康情報


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)になったとき、血栓を溶かすために使う画期的な薬があります。それは、tPAという薬です。脳梗塞の発作を起こしても、これを4時間半以内に投与すれば血栓が効率よく溶解され、著効例では、ほとんど後遺症が残ることはありません。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【脳卒中とは】脳梗塞って何? 脳出血とクモ膜下出血との違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【脳卒中とは】脳梗塞って何? 脳出血とクモ膜下出血との違いは? (子供でも分かる大人の病気)

脳卒中は、ガン、心臓病に次ぐ日本人の死因第3位で、年間約13万人が亡くなっています。脳の血液循環が障害されて起こる脳卒中は、脳の血管が詰まって起こる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて起こる「脳出血」「くも膜下出血」に分けられます。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

突然、目の前にチカチカとした動く光が見え、しばらくの間、部分的にものが見えなくなる。こんな経験のある人はいませんか。これは「閃輝暗点」と呼ばれる症状で、片頭痛の前触れ、そして脳梗塞の前兆としても起こることがあります。【解説】喜多村孝幸(日本医科大学武蔵小杉病院・脳神経外科部長)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

周囲に対する気持ちを変えるだけで、どんな状況も最適な状況に変わる――これは、物理学をヒントに見い出した、厳然たる事実です。「素粒子」という言葉を聞いたことはありませんか。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)


【血圧を下げる】糖尿病が改善!脳梗塞の予防に、と中国でブーム「タマネギワイン」とは

【血圧を下げる】糖尿病が改善!脳梗塞の予防に、と中国でブーム「タマネギワイン」とは

現在、私の故郷である中国で、大ブームを巻き起こしている民間療法があります。それが「タマネギワイン」です。お手軽な民間療法ですが、「血圧が下がった」「糖尿病が改善した」「血栓(血液の塊)を溶かして脳梗塞の予防になる」と、健康意識の高い中国人の間で絶大な人気を博しているのです。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士) 


【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

【動脈硬化をチェック】耳たぶに "しわ" がある人は心筋梗塞・脳梗塞に注意(写真有)

鏡で、耳たぶを見てみてください。耳たぶには、体の貴重な健康情報が隠されています。その情報を示すのは、耳たぶの大きさや形ではなく「耳たぶのシワ」です。チェックして、シワがあったら要注意。それは、動脈硬化のサイン(フランク兆候)と考えられるからです。【解説】重松宏(山王メディカルセンター・血管外科統括部長)


こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは【病気のサイン】脳梗塞や糖尿病の前兆かも マグネシウム食品で治せる

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

【大学教授解説】脳梗塞や心筋梗塞を予防する「にんにく」の抗血栓作用

抗血栓作用の高い食物ばかり大量に食べて、ほかのものが食べられなくなってしまっては、栄養に偏りが出て、本末転倒です。日常の食事に、ニンニクを意識して取り入れるだけで、ちょうどいいのです。それだけで、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果がじゅうぶん期待できます。【解説】山本順一郎(神戸学院大学名誉教授)


【合併症を防ぐ】ことが糖尿病治療の最大の目的 まずはインスリン薬をやめよ

【合併症を防ぐ】ことが糖尿病治療の最大の目的 まずはインスリン薬をやめよ

血糖値を下げる働きのある「インスリン」の分泌を促す薬やインスリンを注射で補う「高インスリン療法」が標準治療になっていますが、合併症を起こす人が後を絶ちません。従来の治療法に疑問を感じた私がたどりついたのは、インスリンを補わない・分泌させない「低インスリン療法」です。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


【血管事故を防ぐ】脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ

【血管事故を防ぐ】脳梗塞や心筋梗塞を予防する、上手な水の飲み方はこれ

私たちは毎日、2・5Lもの水を放出しています。尿や便として1・5L、汗が0・5L、吐く息から0・5Lという排出量です。こうして失われた2・5Lの水分は、しっかり補充する必要があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【内科医】過剰医療は別の苦しみを生む その薬、本当に必要ですか?

【内科医】過剰医療は別の苦しみを生む その薬、本当に必要ですか?

「高血圧は体によくない」たいていの人は、そう考えているのではないでしょうか。しかし、これは必ずしも正しいとは言い切れません。そもそも高血圧は、血圧が高いという状態であって、病気ではないのです。【解説】松本光正(医師)


【医師解説】降圧剤のリスク 高血圧の薬、飲むのをやめたらどうなるか?

【医師解説】降圧剤のリスク 高血圧の薬、飲むのをやめたらどうなるか?

まず、これだけははっきりと申し上げておきます。年を取って、血圧が上がるのは自然なことだ、ということです。以前は、適正血圧は「年齢+90」の数値といわれていました。例えば、50歳の人なら最大血圧の適正値は140ミリ、60歳なら150ミリ、70歳なら160ミリというぐあいです。【解説】松本光正(おおみや診療所医師)


【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

【血管を若返らせる方法】血圧や血糖値を下げる専門医考案「動脈マッサージ」

血管の品質管理こそ、健康長寿の鍵――。これは、私が長年、老化の原因について研究を重ねてたどりついた結論です。血管は、全身に張り巡らされた運河のようなものです。長さは、10万kmにも及びます。【解説】井上正康(健康科学研究所所長・大阪市立大学医学部名誉教授)