自律神経に関する健康情報


【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

オキシトシンは以前から幸福感や愛情と深い関わりがあること、母乳の分泌を促す作用があることがわかっていました。近年の研究からストレスを抑えたり自律神経を調整したり、免疫力が高まったり、体の痛みを抑えたりといった効果があることが次々と証明されてきたのです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック院長)


【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」ネガティブな状態にいるあなたに試していただきたいのが「ニュース断ち」です。テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトするいわば情報の断捨離です。【解説】西脇俊二(ハタイクリニック院長)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

【自律神経の乱れを治す方法】不眠、難聴、耳鳴りに効果の「うつぶせユラユラ」とは

うつぶせユラユラは、自律神経のバランスを調節する働きがありますが、特に副交感神経を優位にさせる力が大きいのでしょう。うつぶせユラユラを行っているかたに話を聞くと、「心も体もリラックスする」「寝る前に実行すると、スーッと入眠できる」という声が多いそうです。【解説】小林理(長野赤十字病院呼吸器外科部長 )


【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

体が冷えると、血管が収縮し、交感神経が優勢になります。この状態が続くと、血流が悪くなり、免疫細胞である白血球の中のリンパ球が減少。免疫機能が低下します。つまり、自律神経の乱れが血流の悪化、免疫機能の低下を招くのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

【専門医】止まらない耳鳴り、耳の詰まり・耳閉感は「呼吸体操」で治せる!

自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。【解説者】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

【薄毛対策】首の後ろを温めると全身の血流がよくなり髪が若返る

血液循環がじゅうぶんでない場合、頭皮にも血液が行き渡らず、髪に必要な酸素と栄養が供給されなくなります。それが、薄毛や毛の生育不良など、髪の悩みを引き起こす大きな要因となっているのです。そこで、皆さんにお勧めしたいのが、入浴時に「首を温めること」です。やり方はとても簡単です。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


自律神経のバランスが整う 頭痛が解消する 症状改善【首のスジ押し】のやり方

自律神経のバランスが整う 頭痛が解消する 症状改善【首のスジ押し】のやり方

ストレス社会に生きる現代人は、どうしても交感神経優位に傾きがちです。自律神経のバランスがくずれ、多くの人が耳鳴りやめまい、目の重苦しさなどに悩まされています。首のスジ押しは、副交感神経を刺激し、自律神経のバランスを整えます。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【自律神経の乱れ】自律神経を整える方法は "前腕をゆっくり撫でる" と良いと判明

【自律神経の乱れ】自律神経を整える方法は "前腕をゆっくり撫でる" と良いと判明

不安や緊張を感じたとき、親しい人から体をなでられて気持ちが落ち着いた経験は、誰にでもあるでしょう。慣れない場で心細いときに、無意識のうちに腕をさすっていたこともあると思います。近年の研究により、肌をゆっくりなでることが、自律神経の乱れの改善に効果があることが分かってきたのです。【解説】山口創(桜美林大学教授)


自然音によるセラピーは自律神経を整え、高血圧が改善した例も

自然音によるセラピーは自律神経を整え、高血圧が改善した例も

自律神経は、交感神経と副交感神経のシーソーのようなもので、常にゆらぎ、変動することで、体温や血圧などを一定に保ち続けようとします。このように生体が一定の状態を維持しようとすることを、恒常性、ホメオスタシスと言います。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【自律神経を整える足もみ】足の状態から「今」の状態がわかる

【自律神経を整える足もみ】足の状態から「今」の状態がわかる

足裏分析の知識は、私自身の健康管理に役立っています。自分の足をチェックして黄色になっていたら、疲れていると判断して、無理をしないようにします。また、胃腸の調子がよくないときは、足の反射区やふくらはぎをもんだりしています。【体験談】太田真理(42歳・自営業・宮城県)


今さら聞けない【自律神経とは?】乱れ判別チェックリストと自律神経失調症の治し方

今さら聞けない【自律神経とは?】乱れ判別チェックリストと自律神経失調症の治し方

生涯にわたって、昼も夜も休まず、心臓の拍動や、消化などの生命活動を維持してくれている全自動システムが「自律神経」です。「自律神経って何?」ということから、今日からはじめたい「自律神経を整える」生活術までご紹介します。【解説】岩瀬敏(愛知医科大学生理学講座教授・神経内科医師) 


【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

【即効】薄毛や白髪に著効!自分でできる「温熱ツボ刺激」は男女問わず効果あり!

鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)


大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

患者さんが自分で体を温めるのは簡単ですが、筋肉のこりをほぐすのは容易ではありません。しかも、首のこりを解消するのは、コツを知らなければ、極めて難しいのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

【眼瞼下垂症の手術】手術後、額のシワ、白髪が減って10歳若返り!睡眠不足解消といいことずくめ!

まぶたが垂れ下がる状態を「眼瞼下垂症」と言います。45歳を過ぎる頃から多くの人に現れ、さまざまな不快な症状が引き起こす「腱膜性眼瞼下垂症」は、チェックリストのような「額の深いシワ」「ほうれい線」などがあれば要注意です。手術は、松尾方式による「腱膜固定術」があります。【解説】栗橋克昭(栗橋眼科院長)


【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

【医師考案】イビキには「鼻ばさみ」より「口テープ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。なぜなら、口の体操「あいうべ」や「口テープ」を始めてから、血圧が下がって安定したという人が少なくないからです。いびきや睡眠時無呼吸症にも効果的です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。しかし、最近は、このルールが守られていません。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)