食事療法の種類に関する健康情報

食事療法の種類に関連するキーワード

サキベジとは カルシウム食品の効果 食前キャベツの効果
>>食事療法の種類に関連するキーワード一覧

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

【血管を強くする食べ物】専門医が海藻、豆腐、モロヘイヤをすすめる理由

強い血管を作るには、食事にもひと工夫が必要です。内皮細胞を元気にする食事法をご紹介します。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(2)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

【糖尿病の専門医】血糖値を改善させる「おいしい食事」(1)

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。3ヵ月間この食事法を続ければ、体重も血糖値も降下します。今回は、1品につき、1日に必要なたんぱく質の1/3~1/2を使った料理を紹介します。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

【糖尿病の専門医】血糖値を改善するメニュー|たった6つのポイント

私が糖尿病の患者さんに勧める食事療法は、空腹を我慢したり、栄養計算をしたりする必要がありません。食前にキャベツなどの生野菜と、加熱した野菜を、10分間かけて食べるだけです。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも原因なのです。脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

うつ病の患者が、ふえています。この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけではありません。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

【医師監修】今ある「うつ」が改善する食事 素材選びのポイント

ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を、1日3食きちんと食べることです。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


【副菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【副菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの副菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


【主菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【主菜編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


【デザート編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【デザート編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。ここではお勧めのデザートを紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター・神経研所究所・疾病研究第三部部長)


【汁物編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

【汁物編】今ある「うつ」が改善する食事 実践レシピ

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの汁物を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


うつ病が改善!100人以上に成果を上げた食事療法の極意

うつ病が改善!100人以上に成果を上げた食事療法の極意

糖尿病の患者さんにうつ病が多いことは、以前から知られていました。海外の研究では、糖尿病患者は、そうでない人の2倍以上、うつになりやすいと報告されています。【解説】吉田寿美子(国立精神・神経医療研究センター・臨床検査部部長精神科外来医長)


医師監修【実践レシピ】今ある「うつ」が改善する食事(主食編)

医師監修【実践レシピ】今ある「うつ」が改善する食事(主食編)

多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)


キャベツと根菜は食べ放題!減量成功率は93%!医師考案ダイエットメニュー

キャベツと根菜は食べ放題!減量成功率は93%!医師考案ダイエットメニュー

私が行っている減量指導の中心は、食事療法です。ポイントは、「食前キャベツ」です。食事の前に10分間、生のキャベツをよくかんで食べるのです。朝昼晩食べるのが理想ですが、難しければ夕食前だけでもかまいません。1回に食べるキャベツの量は、1玉の6分の1ぐらいが適当です。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

【急増中のペラペラ腸】年末メタボを撃退!腸が元気になる 意外なこのメニュー

腸は本来、口から入ってきた食品を、とことん消化するしくみになっています。腸は筋肉でできているので、筋肉運動をして消化するわけです。楽に吸収できるものばかりを食べていると、筋肉を使う必要がないので筋肉運動をしなくなり、退化してペラペラに薄くなっていくのです。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院肥満・糖尿病センター長)


なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

なぜ【パンと牛乳】をやめたほうがいいのか? 総合内科専門医がその理由を解説

「パンと牛乳はやめてくださいね」私は、日ごろの診療で、ほとんどの患者さんにこう告げています。当院は、患者さんたちの症状が、できるだけ根本から治癒していくように、さまざまな方法で治療していますが、なかでも治療のベースと位置づけているのが、食事指導です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【村上祥子さん解説】糖尿病、高血圧を撃退「にんたまジャム」活用レシピ

【村上祥子さん解説】糖尿病、高血圧を撃退「にんたまジャム」活用レシピ

ニンニクとタマネギは、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれている優良野菜です。ぜひ毎日とりたいところですが、なかなかそうもいきません。そこでお勧めなのが、にんたまペースト(にんにくと玉ねぎのジャム)です。作り方も紹介します。【料理・解説】村上祥子(管理栄養士)


【生姜の効能】女性編 冷え症を改善「生姜紅茶」はまるで薬 便秘に即効性あり

【生姜の効能】女性編 冷え症を改善「生姜紅茶」はまるで薬 便秘に即効性あり

当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

【医師監修】レモン汁ダイエットでやせた!やり方は、食後にレモンを搾りそのまま飲むだけ

そろそろ定年退職が近づいてきた年の秋、私は人間ドックに入りました。定年後の第二の人生に備えて、健康管理をしておこうと思ったのです。その結果は、血圧が高めで、中性脂肪値やコレステロール値はDランク、さらに血糖値も高くて境界型の糖尿病というものでした。【体験談】民生委員・73歳・本田捷子


ランキング


>>総合人気ランキング