糖尿病の改善に関する健康情報


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

【医師解説】糖尿病の合併症が改善!常識を覆す「低インスリン療法」症例報告

低インスリン療法に切り換えると、動脈硬化も改善していきます。血管の状態がよくなると、全身の細胞に酸素と栄養が十分に届くようになります。すると、もともとそなわっている修復能力が発揮されやすくなり、さまざまな合併症が改善に向かいます。3つの症例をご紹介しましょう。【解説】新井圭輔(あさひ内科クリニック院長)


糖尿病を改善する【1円玉療法】のやり方

糖尿病を改善する【1円玉療法】のやり方

ここで紹介するツボは、いずれも膵臓、脾臓の働きを整え、血糖値を正常に戻す効果を持ちます。私の経験上、特に太谿は1円玉療法で効果が現れやすいようです。血糖値が気になる人は、医師への相談と合わせて、1円玉療法を行いましょう。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【世界が注目】糖尿病の改善、記憶力の向上に効果 「骨ホルモン」の増やし方

【世界が注目】糖尿病の改善、記憶力の向上に効果 「骨ホルモン」の増やし方

骨はこれまで、骨髄による造血作用は備えつつも、体を維持して運動を支え内臓を保護するかたくて無機質な臓器であると考えられてきました。しかし近年の研究により骨からはホルモンや生理活性物質が分泌されていることがわかってきました。実は骨は内分泌臓器でもあったのです。【解説】平田雅人(福岡歯科大学口腔歯学部客員教授・歯学博士) 


【血管のサビを取り】高血糖・中性脂肪を撃退!「オクラ」の有効活用術はコレ

【血管のサビを取り】高血糖・中性脂肪を撃退!「オクラ」の有効活用術はコレ

オクラを切ったときに出てくるネバネバの正体は、ムチンやペクチンといった、水溶性食物繊維です。余分な糖分を包み込み、体外へ排出する作用があり、糖分の吸収が抑えられるので、急激な血糖値の上昇を防いで、糖尿病の改善やダイエット効果が期待できるでしょう。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長) 


【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

「MCTオイル」が今、ダイエットや健康、医療の現場でも脚光を浴びているのです。「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の頭文字のこと。中鎖脂肪酸は脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【降圧剤】高血圧、糖尿病、不整脈が治り薬が不要に 鼻づまりや片頭痛も解消

【降圧剤】高血圧、糖尿病、不整脈が治り薬が不要に 鼻づまりや片頭痛も解消

Kさんは、1996年から高血圧の治療のため降圧剤(血圧を下げる薬)を服用していました。薬を飲んでいても、最大血圧は170〜180㎜Hgになることがありました(最大血圧の正常値は130㎜Hg未満)。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)


【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

【首を温める効果】脳幹の機能が戻り 高血圧や糖尿病、全身の痛みに効く

私は患者さんが自分で心身をケアして、病気や不調を予防・改善できる方法を勧めています。特に患者さんからの評判がよいのが、「首を温める」ケアです。首を温めると、肩こりや頭痛、不眠、疲労感などの不快症状や、高血圧や糖尿病などの慢性病を改善する効果が得られます。【解説】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長) 


黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

黒酢とバナナ【EDの克服に】熟成バナナの酵素が勃起不全を改善する効果あり

バナナには、酵素や食物繊維、ビタミン類、ミネラル類、ポリフェノールやβ−カロテンといった抗酸化物質、オリゴ糖、アミノ酸など、豊富な健康成分を含みます。バナナの健康効果をさらに高めるのにお勧めなのが「黒バナナ」です。普通のバナナとの違いは酵素にあります。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長・医師) 


【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 


患者の半数近くは薬を中止!食前キャベツで血糖値も血圧も下がった人が続出

患者の半数近くは薬を中止!食前キャベツで血糖値も血圧も下がった人が続出

食生活の欧米化に伴い、肉や乳製品などの動物性食品を多く摂取するようになりました。これらを消化吸収するためには、インスリンが素早くたくさん分泌される必要があります。日本で糖尿病の人がふえたのは、欧米化した食事のために膵臓が疲弊し、インスリンの分泌機能に異常を来したからでしょう。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【血糖値を下げる常備菜】酢タマネギ 抗炎症作用で膝痛や腰痛にも効果あり

【血糖値を下げる常備菜】酢タマネギ 抗炎症作用で膝痛や腰痛にも効果あり

酢タマネギは、さまざまな生活習慣病が気になりだす中高年に、もっと活用してほしい食品の一つです。というのも、これを継続的に摂取すれば、驚くほど多くの効果が期待できるからです。【解説】斎藤嘉美(元東京大学医学部内科講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


ランキング


>>総合人気ランキング