納豆に関する健康情報


【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

実は、朝食の内容は眠りの質に大きくかかわるのです。「トーストとサラダとコーヒー」という朝食は、サラダを食べているので、一見、ヘルシーなメニューにも感じられるかもしれません。しかし、よい眠りを得るためには、ある栄養成分が圧倒的に不足しているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【アンチエイジング】「納豆」の健康長寿物質 “ポリアミン” が老化予防に役立つ

【アンチエイジング】「納豆」の健康長寿物質 “ポリアミン” が老化予防に役立つ

アンチエイジングや健康長寿に役立つ物質として、私たちが注目しているのが、「ポリアミン」です。ポリアミンの多い食べ物を摂取すれば、遺伝子の異常メチル化が抑制されて、生活習慣病の発生を予防できる可能性があるでしょう。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院教授・さいたま医療センター循環器病臨床医学研究所所長)


【ナットウキナーゼ】血栓溶解効果は食べ物唯一 血液サラサラ、血圧の上昇も抑える

【ナットウキナーゼ】血栓溶解効果は食べ物唯一 血液サラサラ、血圧の上昇も抑える

血液内の血栓が脳や心臓で詰まると、脳梗塞や心筋梗塞を発症するおそれがあります。とはいえ血栓は、そもそも、悪者ではありません。ケガを治してくれるかさぶたと同様、血管内の傷を修復してくれる役割があるからです。【解説者】二宮淳一(日本心臓血管外科学会認定名誉専門医・NPO法人プロフェッショナル・ドクターズ・ネット理事長)


【便秘を解消する食べ物】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘を解消する食べ物】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

目の血流が悪化すると、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然ものが見えなくなるなど、重い症状が生じることもあります。網膜の血管が詰まる病気を、「網膜血管閉塞症」といいます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

【納豆の血栓溶解効果】納豆は血栓を溶かす唯一の食べ物!ナットウキナーゼの作用

動脈硬化を改善し高血圧を予防する納豆。血液をサラサラにして、血栓(血の塊)ができるのを予防する食品は、数多くあります。タマネギやニンニク、イワシやサバなど青魚がよく知られています。しかし、できてしまった血栓を溶かす食品は、現在のところ、納豆だけしか確認されていません。【解説】二宮淳一(心臓血管外科名誉専門医)


最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

"デブ菌"を減らし"痩せ菌"を増やす食事【酢・キャベツ・納豆】で腸内フローラを改善

「腸漏れ」はリーキーガット症候群と呼ばれ、今注目を集めています。腸漏れ症候群が様々な不定愁訴を誘発すると考えられているからです。これを防ぐには、デブ菌を減らしヤセ菌を増やす、腸内フローラを整える食事が必要です。何を食べれば良いか。それは、伝統的な和食とお酢の組み合わせです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【失明を予防】網膜の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」を改善する納豆の食べ方

【失明を予防】網膜の血管が詰まる「網膜血管閉塞症」を改善する納豆の食べ方

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなります。そして、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。とりわけ、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり見えにくくなったりと、たいへん重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


楽しみ方いろいろ!“納豆博士”がお勧めする 納豆に混ぜたい「薬味」図鑑

楽しみ方いろいろ!“納豆博士”がお勧めする 納豆に混ぜたい「薬味」図鑑

納豆には健康上プラスとなるような効果をもたらす成分が豊富に含まれています。できれば、毎日1パック食べるのが理想的です。同じ納豆ご飯でも、薬味を添えるとさらに風味が増すだけでなく、納豆の薬効が高まります。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

【納豆】視力回復に効果のある食べ物 網膜血管閉塞症も改善すると医師が解説

目の血流が悪化すると、酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡らなくなり、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然物が見えなくなったり、見えにくくなったりと、重い症状が生じます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【専門家が伝授】納豆の「薬味」講座 ― 健康効果を高める食べ方

【専門家が伝授】納豆の「薬味」講座 ― 健康効果を高める食べ方

納豆が好物の人は、なんといっても温かいご飯にかけて食べる「納豆ご飯」がいいでしょう。混ぜるだけで、手軽に「食べる薬」を取ることができます。同じ納豆ご飯でも、薬味を添えるとさらに風味が増すだけでなく、血栓予防や腸内環境改善など、納豆の薬効が高まります。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

【納豆はアンチエイジング食】「見た目」も「遺伝子」も若返らせる成分"ポリアミン”の効果

「心が軽くなる」食べ物と聞いて、違和感を覚えるかもしれません。でも、食べ物で細胞が若返って体が軽くなれば、自然に心も若返って軽やかになります。問題は、科学的な裏付けを元に、どの食品にその可能性があるか。私たちが着目している食品が「納豆」です。【解説】早田邦康(自治医科大学大学院准教授)


【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

【納豆の効果】「においをかぐだけ」で動脈硬化を予防する!食べるなら「日曜の夕方」がよい

「納豆」は、煮大豆に納豆菌を植えつけて作る食品です。納豆菌に豊富に含まれている酵素は、大豆たんぱく質や脂質を速やかに分解する働きがあります。ですから、納豆はとても消化がよく、大豆に含まれるたんぱく質の90%以上を体内に吸収できます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【酢ショウガの効能】私は納豆と一緒に 喘息の息苦しさが緩和 コレステロール値も改善

【酢ショウガの効能】私は納豆と一緒に 喘息の息苦しさが緩和 コレステロール値も改善

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

【亜麻仁油の効能】アマニ油と納豆のコンビは 認知症予防 高脂血症の改善に効果

納豆は、コレステロールや脂質の含有量が少なく、糖尿病や脂質異常症を引き起こす可能性が低い、優れた食材です。ナットウキナーゼには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血栓を作りにくくする効果があり動脈硬化を予防します。アマニ油と摂ると血管若返りに効果が期待できます【解説】広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)


血糖値を上げない食べ物 ご飯に【納豆やとろろ】が糖尿病対策の新常識に

血糖値を上げない食べ物 ご飯に【納豆やとろろ】が糖尿病対策の新常識に

糖尿病の血糖値をコントロールする食事療法です。白米を食べても、食後血糖値の上昇が緩やかになる「ごはんの食べ方」が科学的に解明されているのです。【解説】林進(東京慈恵会医科大学付属柏病院栄養部・管理栄養士)