セルフケアに関する健康情報


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

気温や湿度が高くなるこれからの季節。足のにおいの相談が多くなります。足のにおいを解消するには、日常、足のケアを続けることが何よりも重要です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科部長、東京医科歯科大学皮膚科フットケア外来)


【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

【簡単ダイエット】くびれ効果抜群の「お腹回し」のやり方「お尻」ではなく「ウエスト」をひねるのがコツ

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

【ウエストダイエット】下腹を思いっきりへこませる「ドローイン」その場で10cm細くなった!

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

【ダイエット効果】ぽっこり下腹が痩せる「おなかしぼり」のやり方

私が健康運動指導士として活動するなか、多いのが「ポッコリ出たおなか」や「おなかのたるみ」の悩みです。食事の管理はとても大事ですが、食事に気を付けても、おなかの悩みは、なかなか解決できません。そこで私が考案したのが「30秒おなかしぼり」です。【解説】植森美緒(健康運動指導士)


【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。【解説】矢吹省司(福島県立医科大学整形外科教授)


【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。そんな人に共通する体の特徴があります。それは首の後ろが硬くこわばっていること。なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【脊柱管狭窄症】自力改善に役立つ!骨盤と腰仙関節を整える3エクササイズ

【脊柱管狭窄症】自力改善に役立つ!骨盤と腰仙関節を整える3エクササイズ

脊柱管狭窄症を改善するには、腰仙関節を矯正し、そのゆがみを正すことこそ、なにより重要なのです。そのために私は、自宅で簡単にできるエクササイズを指導しています。そのなかから基本となる三つの動作をご紹介しましょう。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

【脊柱管狭窄症】原因は「サイズの合わない靴」?痛みやしびれを改善する「足の骨ぎわはがし」のやり方

脊柱管狭窄症とは、一般的には、腰椎(背骨の腰の部分)の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれ、筋力低下などの症状が出る病態をいいます。脊柱管狭窄症の症状に対する天城流湯治法のメソッドとは、「足の骨ぎわはがし」という方法です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【骨盤のゆがみを取る】コリを取って腰痛・ひざ痛を改善するセルフケア「おしり枕」のやり方

【骨盤のゆがみを取る】コリを取って腰痛・ひざ痛を改善するセルフケア「おしり枕」のやり方

私の治療院には、腰やひざなど各所の痛み、コリに悩むかたをはじめ、重篤な内臓疾患も含めて、日々多くのかたが来院されます。こうして日常の癖をなくすことを心がけたうえで、自分で骨盤のゆがみを直すセルフケアを行うといいでしょう。それが、今回ご紹介する「おしり枕」です。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)


【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)