不眠症に関する健康情報


【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚める――。日本人の5人に1人は、こんな睡眠の悩みを抱えているといわれています。「自分は不眠症だ」と思っている人もいるでしょう。しかし、必ずしも「眠れない」=「不眠症」とは限らないのです。【解説】小曽根基裕(東京慈恵会医科大学精神医学講座准教授)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

【不眠改善】熟睡感をもたらし目覚めが良くなる!「1円玉療法」のやり方

「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚めて、ぐっすり眠れない」という不眠に加え、近年、「朝目覚めたとき、十分に眠ったという満足感がない」「体がだるく、頭もボーッとして、やる気が出ない」など、朝の目覚めの悪さを訴える人も増えているようです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)


【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

過緊張に特に効果があるのは小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。この小指刺激は過緊張だけでなく不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。【解説】七沢久子(山梨県歯科衛生専門学校校長・七沢歯科医院院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

【歯科医師】顎関節症に効果 輪ゴムで行うセルフケア 小顔になる!スタイルがよくなる!

「歯の矯正をしたり、親知らずを抜いたりした後に、顎関節症になる患者さんが多い」歯科医である私は、あるとき気づきました。顎関節症は、口を開閉するさいに、痛みや違和感が生じる病気です。顎関節症、頭痛や肩こりなど、全身の不調が改善する耳輪ゴムをご紹介します。【解説】佐藤青児(月見歯科クリニック院長・メディカサトウ主宰)


夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

私たちの研究では眼精疲労の原因のおおよそ6割をドライアイが占めています。残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。疲れ目くらい、とほうっておくと眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので甘く見てはいけません。【解説】足立和孝(あだち眼科院長)・有安正規(あだち眼科視覚訓練士長)


不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

不眠対策は「朝食にハムエッグを食べる」? ― インフルエンザやうつも撃退

免疫力を高めるには睡眠時間を長く取ればいいのでしょうか。確かに一定の睡眠時間を取ることは大切ですが、一概にそれだけとは、いい切れません。睡眠の量よりも重要なのが、質なのです。そして、質の高い睡眠を得るための秘訣は、意外に思われるかもしれませんが、「朝食」にあります。【解説】宮崎総一郎(滋賀医科大学睡眠学講座特任教授)


【不眠症を自分で治す】有効なのは「肩甲骨ひねり」 低体温を改善し睡眠の質が向上

【不眠症を自分で治す】有効なのは「肩甲骨ひねり」 低体温を改善し睡眠の質が向上

肩甲骨ひねりをして、肩の周辺をじっくり動かすと、ポカポカと体が温まるのがわかるでしょう。こうして体温コントロールを夕方に行い、強制的に深部体温を上げれば、体は休息モードに入ると認識。夜に向かって、自然と体温が下降して、スムーズに眠れます。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長)


【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

【医師解説】寝る前の「クルミ酒」はED克服に効果あり 精子の数も増加!

クルミを摂取すると、α-リノレン酸の働きやビタミンEの作用によって、動脈硬化の予防・改善効果が期待できます。血液がサラサラになり血行も促されます。これらの総合的な作用により、性的興奮を感じたときに、陰茎の血管にドッと血液が流れ込むようになります。それがEDの改善に絶大な効果を発揮するのです【解説】林督元(弘邦医院院長)


【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

【花粉症対策】鼻づまりが解消、目のかゆみが改善「ミカンの皮ヨーグルト」の効果

花粉症が特にひどくなったのは、2年前のことです。日中は常に鼻水が出ている状態。人と接する仕事なので、鼻にティッシュを詰めて、それを隠すためのマスクが手放せませんでした。知人が「花粉症にいいらしいよ」と教えてくれたのが、「ミカンの皮入りヨーグルト飲料」です。【体験談】平田紀子(仮名・会社員・58歳) 


【鍼灸師】不眠症、冷え症、体のだるさに効く「背骨ねじり」やり方図解

【鍼灸師】不眠症、冷え症、体のだるさに効く「背骨ねじり」やり方図解

寝ても抜けない体の疲れや、気分の落ち込みなど、心身の不調をもたらす原因として、私が注目しているのが、胸の緊張です。【解説】石垣英俊(鍼灸師・按摩マッサージ指圧師)


【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

【まるで滝壺の中】ザーザーという耳鳴りが軽減 睡眠薬なしでも眠れた「私の健康法」

ある朝、目を覚ましたとたん、驚きました。まるで滝つぼの中にいるような、ザーッという音に包まれていたからです。昔のアナログのテレビは、放送終了時に砂嵐のような画像と音が出たものですが、あの音が自分の周囲で鳴り続けていたのです。それが、私と耳鳴りの、つきあいの始まりでした。【体験談】東京都◎59歳◎会社役員 角野喜洋