腎臓病に関する健康情報


【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

【ガブ飲み注意】「経口補水液」の正しい飲み方 スポーツ飲料とは違う?どんな時に飲む?

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

血糖コントロール【骨ホルモンの効果】"かかと落とし"でオステオカルシン分泌

2007年に骨から作られるたんぱく質の一種「オステオカルシン」が、膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進し、血糖をコントロールする(血糖値を下げる)と発表されたのです。通称、「骨ホルモン」とも呼ばれます。【解説】太田博明(国際医療福祉大学教授・山王メディカルセンター女性医療センター長)


【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

【腎臓病の治療】「透析療法」のしくみを医師が解説!注意点は?「在宅血液透析」「腎移植」とは?

腎臓病が進行して腎機能が著しく低下すると、通常、機械を使って血液をろ過する「透析療法」を始めることになります。透析療法には、ダイアライザー(透析膜)という装置を利用する「血液透析」と、自分の腹膜を利用する「腹膜透析」があります。【解説】金田浩(かもめクリニック理事長)


【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

【腎機能回復】弱った腎臓はツボ刺激でセルフケア 透析による腰痛改善にも役立つ!

症状に対応する臓器に関連する経絡上のツボを刺激すると、神経・脊髄・脳を介する生理反応により、その症状を軽減・解消できます。強く長く押し過ぎることのないように心がけつつ、ツボ刺激を、毎日の習慣にするといいでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長))


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

【腎機能低下】クレアチニン値を下げる食事「小豆カボチャ」で薬を飲まず透析を回避できた!

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【免疫力を高める】足の裏もみは痛いほど効果あり!痛み物質が腎機能を回復させる

【免疫力を高める】足の裏もみは痛いほど効果あり!痛み物質が腎機能を回復させる

足の裏をもむ健康法は、巷にいろいろありますが、この官足法は、非常に強い刺激を与えるのが特徴。しかし、この方法により、多くの人の健康が回復しているのは事実です。「足の裏をもんで腎機能がよくなるなら」と試すつもりで、ぜひ実践してみてください。【解説】上田昌司(上田医院院長・新旭キリスト栄光教会牧師)


慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)はなかなか自覚症状が現れません。「色」「におい」「泡立ち」「頻尿(特に夜)」などの異常があれば、早めに検査を受けたほうがいいでしょう。代表的な検査項目(アルブミン、クレアチニン等)の数値の見方について解説します。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

現代の日本を見ると、食習慣の変化がさらに腎臓を酷使しています。肉類などの動物性食品は消化が悪く腸内で腐敗するため血液を汚します。添加物がたっぷり使われた加工食品、農薬が付着し遺伝子組み換えが行われた野菜などからも毒素が体内に取り込まれ、血液の汚れを招きます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!ただし不要な薬を減らすことも重要

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)


【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法をご紹介します。 【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)