かかと体重の効果に関する健康情報


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


痛くて歩けない【変形性股関節症】が改善 "かかと体重ウォーキング" の効果

痛くて歩けない【変形性股関節症】が改善 "かかと体重ウォーキング" の効果

足が痛み、整形外科を受診したところ、先天性の「臼蓋形成不全」による変形性股関節症と診断されました。臼蓋形成不全とは、大腿骨の骨頭が、骨盤側のくぼみに、うまくはまっていない状態だそうです。そんな時、教えていただいたのが、かかとに体重をかけることを重視した歩き方でした。【体験談】塩原まゆみ(仮名・東京都・46歳会社員)


筋金入りの腰痛が改善!歩き方を変えると首や肩のコリも軽快し、美姿勢に

筋金入りの腰痛が改善!歩き方を変えると首や肩のコリも軽快し、美姿勢に

高校生のときから整形外科にお世話になり、腰椎の牽引をしてもらったり、カイロプラクティックに通って施術を受けたりしていましたが、特に病名もつかず、慢性腰痛と診断されました。「腰痛や肩こりとは一生つきあっていくしかないのだろう」と思っていた私が行ったのは「かかと体重」です。【体験談】長谷川志乃ぶ(千葉県・53歳歯科医師)


かかと体重?つま先体重?腰痛、股関節痛に効く「歩き方」の基本とは

かかと体重?つま先体重?腰痛、股関節痛に効く「歩き方」の基本とは

「痛みがある人は、物理的・骨格的に誤った体の使い方や立ち方、歩き方をしている。そのため体にゆがみが発生し、血管やリンパ管が圧迫される。結果、その人の最も弱い部位に痛みを発症する」と考えています。私が開発した「正しい歩き方」を紹介します。【解説】岡本啓司(一般社団法人プライマリーウォーキング指導者協会会長・鍼灸師)