自律神経失調症に関する健康情報


【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

【トラウマとは】心の傷を癒やす方法 "不眠・うつ・パニックが消える音楽" を無料視聴

トラウマ(心の傷)とは、つらい体験を受けたとき、気持ちの整理がつかなかった、いわば「未処理の記憶」です。動悸や過呼吸、パニックといったPTSDを引き起こします。今回は臨床心理士の立場から、脳に直接働きかけ「再処理」を促し、「心の傷」を消す方法を紹介します。【解説】藤本昌樹(東京未来大学こども心理学部准教授・臨床心理士)


【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

当院には、多様な症状を訴える患者さんがみえますが、主訴が何であれ、多くの人が口にする悩みがあります。それは「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「何度も目覚める」といった不眠の悩みです。そんなとき、私は、誰でも簡単にできる不眠解消法として、「首まくら」という方法をお勧めしています。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

「タッチングケア」とは、自分の手で、自分の体を優しく触れることで、症状を改善したり、ストレスを緩めたりする新しいセルフケア法です。軽く、リズムを取りながら触れるのがコツです。急増中の「スマホ肩コリ・首コリ」もタッチングケアによって解消させることができます。【解説】外尾幸恵(看護師・日本タッチングケア協会代表理事)


【セルフケア】病名に当てはまらない心身の不調を取る「毒出し指こすり」のやり方

【セルフケア】病名に当てはまらない心身の不調を取る「毒出し指こすり」のやり方

「手の指をこするだけで、体や心の不調、痛みが外に出ていく」このように言うと、多くの人が「そんなわけないじゃないか」と思うかもしれません。しかし、「気」と「経絡」の役割を理解できれば、これはとても理にかなったことなのです。【解説】小池義孝(一義流気功・町屋気療院院長)


【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

【自律神経失調症とは】原因と症状に特効 自分で治せる「爪もみ」療法のやり方

自律神経失調症とは、一般的な病気や症状の概念に当てはまらない、不定愁訴のことを指します。つまり、医師では判断がつかない症状に対し「自律神経の乱れが原因」として便宜的にこの診断名がつけられるわけです。正体不明なので、医師は、患者さんに対して治療根拠の乏しい、さまざまな薬を処方します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


今さら聞けない【自律神経とは?】乱れ判別チェックリストと自律神経失調症の治し方

今さら聞けない【自律神経とは?】乱れ判別チェックリストと自律神経失調症の治し方

生涯にわたって、昼も夜も休まず、心臓の拍動や、消化などの生命活動を維持してくれている全自動システムが「自律神経」です。「自律神経って何?」ということから、今日からはじめたい「自律神経を整える」生活術までご紹介します。【解説】岩瀬敏(愛知医科大学生理学講座教授・神経内科医師) 


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


【医師解説】カレーの健康効果がスゴイ!ストレスを取り「めまい」を改善する万能薬

【医師解説】カレーの健康効果がスゴイ!ストレスを取り「めまい」を改善する万能薬

「カレーは日本の国民食」と言われるほど、日本人はカレー好きです。私もカレーをよく食べますが、実はカレーはおいしいだけでなく、他に類を見ない健康食なのです。カレーがもたらす、さまざまな健康効果の一つに、「めまいの改善」があります。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)


【薬と似た効果】メニエール病に良い食べ物は「夜のビール」と「朝の豆乳」

【薬と似た効果】メニエール病に良い食べ物は「夜のビール」と「朝の豆乳」

メニエール病の症状の改善にお勧めしたい食材は、ビールと豆乳です。なぜこの二つの食品がメニエール病の改善、再発予防によいのか、一つずつ説明しましょう。【解説】二木隆(二木・深谷耳鼻咽喉科医院・めまいクリニック理事長)