【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【便秘が改善】「耳ひっぱり」で下剤が不要になった!老眼鏡なしで楽譜も読める

【便秘が改善】「耳ひっぱり」で下剤が不要になった!老眼鏡なしで楽譜も読める

私は子どもの頃から便秘体質で大人になってからさらにひどくなったのです。ここ十数年は、胃腸科で処方される下剤を使わないと、お通じがまったくつかなくなりました。昨年の秋、友人がそんな私を薄久美子先生のヨガ教室に誘ってくれました。「耳ひっぱり」を教わったのもその時です。【体験談】石井一子(仮名・会社員・50歳)


【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

首ネコ背は、1日3分ほど体操するだけで改善でき、視力の向上を期待できます。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな目の症状に効果のある首ネコ背を改善する体操を紹介します。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


咀嚼の効果【ガムを噛む】と視力回復?眼圧が下がり老眼も改善 最新研究で判明

咀嚼の効果【ガムを噛む】と視力回復?眼圧が下がり老眼も改善 最新研究で判明

私たちはまず、ガムを噛み続けた後に、目の血流と関連のある眼圧(眼球内の圧力)が低下することを実験で確認。その後、ガムを噛む前後での、白目(眼球の白い部分)の血流の変化を評価する実験を行いました。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

【高血圧改善】「玉ねぎの皮」には栄養成分「ケルセチン」がたっぷり!めまいやほてりの症状が良くなる効果

タマネギをとると、平肝作用により、気がスムーズに流れます。頭に上った気が下がるので、血液の流れもよくなり、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症といった、血液に関連した生活習慣病が改善に導かれます。【解説】三浦於菟(東邦大学医療センター大森病院東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

私が「耳ひっぱり」と出合ったきっかけは、突然に始まった睡眠障害です。後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされ、呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)


乱視・不眠・片頭痛が改善!脳の緊張を緩める「耳ひっぱり」のやり方

乱視・不眠・片頭痛が改善!脳の緊張を緩める「耳ひっぱり」のやり方

生徒さんたちに大好評なのが、今回、ご紹介する「耳ひっぱり」です。耳ひっぱりの正式な名称は「ファイヤー」といいます。これは行うと、体が「カーッ」と燃えるように熱くなることから名づけられました。この名前からして、すごく体にいい気がしませんか?【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

【ニンニクスープの効果】ひざ痛、腰痛、老眼も改善する若返りスープ

ニンニクスープはアレルギー症状に対する効果だけにとどまりません。その効能には、「ひざ痛や腰痛、肩こり、冷え症などが改善した」「耳鳴り、夜間頻尿が軽減した」などの声が寄せられているのです。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。【解説】堀田由浩(統合医療希望クリニック院長)


夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

私たちの研究では眼精疲労の原因のおおよそ6割をドライアイが占めています。残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。疲れ目くらい、とほうっておくと眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので甘く見てはいけません。【解説】足立和孝(あだち眼科院長)・有安正規(あだち眼科視覚訓練士長)


【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

【子どもの老眼】黒板が見えても手元が見えない!「近見視力」の低下を改善する視覚トレーニング

「近見視力」という言葉をご存じでしょうか。近見視力とは、近くを見るのに必要な視力のことで、読書や筆記、パソコンには欠かせないものです。老眼とは、眼の老化によって近見視力が低下し、近くの文字がはっきりと見えなくなる現象を指します。【解説】高橋ひとみ(桃山学院大学教授(健康教育学))


視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

視覚トレーニングをやってみよう!《ボディイメージトレーニング編》

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)


ランキング


>>総合人気ランキング