近視に関する健康情報


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

【やり方】視力が回復する「首猫背」の改善体操で近視・老眼・乱視・遠視を撃退!

首ネコ背は、1日3分ほど体操するだけで改善でき、視力の向上を期待できます。近視・老眼・乱視・遠視など、さまざまな目の症状に効果のある首ネコ背を改善する体操を紹介します。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

【眼科医推奨】健康にいい納豆は目にも効果がある!「網膜血管閉塞症」の改善例多数!老眼にも

眼科医である私が、患者さんに広く勧めている食品があります。それは、納豆です。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。これは、網膜の血管が血栓(血の塊)などによって詰まる病気です。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。【解説】堀田由浩(統合医療希望クリニック院長)


【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

【目の美白】点眼薬の使い過ぎに注意!目の老化を防ぎ「キラキラ」を保つ方法

目の状態とはあまり関係がない質問のように思えるかもしれませんが、実は水分摂取は、目の状態とも密接な関連があります。水分不足の症状の一つとして、ドライアイや眼精疲労があります。水分補給をしっかり行い、運動したり、遠近トレーニングを行ったりすることは、目の美白という点から見ても有効です。【解説】新見浩司(新見眼科院長)


【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

【疲れ目】湯船のへりで「首の後ろ」を押すと…

皆さんは、仕事や読書などで、目が疲れてきたり、肩がこったりしたときに、首の後ろを押したりもんだりすることはありませんか。無意識に取っているそれらの行動は、実は非常に理にかなっていることなのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【目が良くなる】視力回復、老眼予防に「サングラス」 曇りの日も装着するとよい

【目が良くなる】視力回復、老眼予防に「サングラス」 曇りの日も装着するとよい

私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

【じんわり温まる】眼科医も実践!「アレ」を枕にすると目が若返る!老眼や近視も撃退

皆さんは、目が疲れてきたときに、首の後ろをもんだり、たたいたりすることはありませんか。無意識に行っているそれらの行為は、実はとても理にかなっているのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

私はのクリニックの患者さんには、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。黒豆の煮汁には、LDL(悪玉)コレステロールを減らすグリニシン、リノール酸、レシチン、リグニンや、中性脂肪を減らすリノレン酸といった成分が豊富に含まれています。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


ランキング


>>総合人気ランキング