がんの予防に関する健康情報


【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。【解説】大村恵昭(コロンビア大学医学博士)