CKDに関する健康情報


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)はなかなか自覚症状が現れません。「色」「におい」「泡立ち」「頻尿(特に夜)」などの異常があれば、早めに検査を受けたほうがいいでしょう。代表的な検査項目(アルブミン、クレアチニン等)の数値の見方について解説します。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【腎臓リハビリ】慢性腎臓病(CKD)は運動で改善できる!透析中患者もできる「腎臓体操」

【腎臓リハビリ】慢性腎臓病(CKD)は運動で改善できる!透析中患者もできる「腎臓体操」

私たちは、20年以上前から、慢性腎臓病(CKD)と運動の関係を研究してきました。かつては、運動すると尿たんぱくが増え、腎機能が悪化するといわれ、慢性腎臓病の患者さんは、安静第一で運動はあまり奨励されていませんでした。【解説】上月正博(東北大学大学院医学研究科教授・東北大学リハビリテーション部長)