【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

【眼科医】蒸しタオルで目を温めると老眼や視力が改善―過矯正は眼精疲労の原因

見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

老眼予防に必携アイテム「サングラス」は曇りの日でも装着するとよい!

私は50代の今も、裸眼視力は左右とも1・5を維持しています。この「目の若さ」の秘訣は、16歳からしているサングラス。紫外線が原因となる眼精疲労や白内障、加齢黄斑変性を防ぐには、目を守るサングラスが必須です。もう1つは、ピント調整力を強化し、外斜視を矯正する「指先ストレッチ」です。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長) 


【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【視力回復】疲れ目がスッキリする「目の温シャワー」最適温度は○○℃

【解説】勝浦哲夫(千葉大学大学院工学研究科人間生活工学研究室教授) 私の研究室では、人間の生活環境について多様な角度から研究しています。以前、研究室の学生だった高橋圭佑君が中心となり、東京ガス(株)都市生活研究所との共同研究として次のような実験を行いました。


視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

視力より「眼力」を強化せよ―脳も外見も若返らせ、幸運を引き寄せる!

「眼力」を鍛えれば脳も外見も若返り、直観力も運もアップするのです。「眼力」とは、文字どおり目の力のことですが、単なる視力とは違います。視力、つまりものを見る力は、目が持っている能力のごく一部に過ぎません。眼力を強化するトレーニングのやり方を紹介します。【解説】栗田昌裕(群馬パース大学学長・内科医) 


【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

【視界が超クリアに】70歳で裸眼生活の私が考案した 視力アップエクサ

電車に乗ると、周りは下を向いてスマホをいじっている人ばかり。職場や自宅でも、長時間パソコンやテレビとにらめっこ、という人も多いことでしょう。このように、現代人は近くばかり見て、遠くをあまり見なくなったせいで、眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【医師の明快解説】緑内障を一言でいうと?原因と症状、最新治療や手術を紹介

【医師の明快解説】緑内障を一言でいうと?原因と症状、最新治療や手術を紹介

緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

【眼科医】ルテインが豊富な野菜は、加齢黄斑変性の予防や改善に効果

加齢黄斑変性は日本人の失明原因の4位です。ルテインの摂取は、黄斑変性の予防や改善に有効です。ルテインを緑黄色野菜で取る場合、1日4mgを目指すとよいでしょう。ホウレンソウやコマツナなら、3分の1束が目安です。油で炒めたりドレッシングをかけると効率よく摂取できます。【解説】尾花明(聖隷浜松病院眼科部長)


【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

眼精疲労やドライアイにお勧めは、「目の温パック」です。目を温め血流がよくなると、毛様体筋の緊張がほぐれて目のピントの調節力が回復し、見え方も改善します。目の温パックは、バスタイムが最適時間です。湯ぶねの温度を40℃前後にすれば適温になります。【解説】平松 類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【眼科医】視力が回復する「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

【眼科医】視力が回復する「爪もみ」療法 正常眼圧緑内障、高血圧性網膜症の症状も改善

近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。ピント合わせに余計な力がかかり、毛様体筋も徐々に疲労・緊張していき、視力の低下を招いてしまいます。そこで、お勧めしたいのが「爪もみ」です。交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング