脊柱管狭窄症の治療法に関する健康情報

脊柱管狭窄症の治療法に関連するキーワード

脊柱管狭窄症の症状
>>脊柱管狭窄症の治療法に関連するキーワード一覧

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)


【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

脊柱起立筋は、体の表層にある筋肉です。そして、この脊柱起立筋の下には、多裂筋という深層筋があります。脊柱管狭窄症になった人の多くは、この多裂筋がガチガチにかたくなっています。そこで私は、患者さんの多裂筋をマッサージする施術を行うようにしました。【解説】小林篤史(猫背矯正マイスターのいる治療院V-Style院長)


【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

脊柱菅狭窄症は、脊柱管が狭くなっているすべての人に症状が出るわけではありません。狭くなっていても、脊柱管の血流が十分であれば、痛みが出ることはないのです。その血流が阻害され、流れが滞ることで、痛みが出るのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【即効】脊柱管狭窄症、座骨神経痛の痛みやしびれが緩和「骨盤カイロ」

【即効】脊柱管狭窄症、座骨神経痛の痛みやしびれが緩和「骨盤カイロ」

セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


【スマホ首】原因は頸椎の変形やヘルニア 首の脊柱管狭窄症も改善する方法とは

【スマホ首】原因は頸椎の変形やヘルニア 首の脊柱管狭窄症も改善する方法とは

パソコンやスマートフォンによる「スマホ首」の痛みは、主として頸椎の「S字カーブ」が変形することから起こります。正常な頸椎は、横から見るとはっきりしたS字形になっています。ところが、なんらかの理由でこのS字カーブが変形すると、周囲の血管や神経網を圧迫するのです。【解説】三井弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

腰が痛くてイスから立ち上がれない、腰の周りが重くて違和感がある、足がしびれて途中で休まないと長時間歩けない、といった症状にお悩みのかたはいませんか。これらはすべて、脊柱管狭窄症の症状です。腰の痛みやしびれが生じるのが一般的ですが、足だけに症状が現れるケースも少なくありません。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


【体験談】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」 使い捨てカイロを貼ったら改善!

【体験談】脊柱管狭窄症が原因の「坐骨神経痛」 使い捨てカイロを貼ったら改善!

私は70代後半までは、いたって健康体で、どこも悪いところがありませんでした。ところが、80歳を目前に、突如として体に異変が起こったのです。【体験談】石岡巌(大阪府●82歳●無職)


脊柱管狭窄症が大改善しスタスタ歩けるようになったのは「骨盤カイロ」のおかげ

脊柱管狭窄症が大改善しスタスタ歩けるようになったのは「骨盤カイロ」のおかげ

父は、腰椎を骨折した時に受けた検査で、脊柱管狭窄症と診断されました。鎮痛剤を飲んでも、痛みが治まるのはいっときで、たちまち腰に激痛が走り始めます。そこで体を外と中から温め続けたところ、父の体調は、みるみる回復。今では散歩が日課になって、毎日2〜3kmは平気で歩いています。【体験談】石川美江子(栃木県◎63歳◎保育士) 


脊柱管狭窄症を悪化させる原因は「ストレス」と医師が分かりやすく解説

脊柱管狭窄症を悪化させる原因は「ストレス」と医師が分かりやすく解説

脊柱管狭窄症は、神経の通り道となっている脊柱管が変形して狭くなり、神経を圧迫して痛みやしびれを起こす病気です。その典型的な症状として、「間欠性跛行」が挙げられます。これは、歩いているうちに痛みやしびれで歩けなくなり、再び歩くまでにしばらく休む必要が生じるというものです。【解説】大谷晃司(福島県立医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング