カイロプラクティックに関する健康情報


【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

【逆流性食道炎】原因は“迷走神経”? 改善には「後頭部のへり」をもむと良い

私は、柔道整復師の技術と整体、カイロプラクティック(主に骨格を調整してバランスを整える手技療法)を融合させた独自の治療を行っています。それにより、西洋医学だけでは治りにくい病気や症状を治療していますが、中でも力を入れているのが「逆流性食道炎」です。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)


【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

【逆流性食道炎】吐き気・ムカムカ・食欲不振を改善「後頭部のへりのもみもぐし」のやり方

逆流性食道炎の2大原因は「胃酸過多」と「下部食道括約筋の機能低下」です。この2つは迷走神経の機能低下により引き起こされます。その迷走神経を活発にするのが「後頭部のへりのもみほぐし」です。1日1回、いつ行ってもかまいません。準備体操として、首と肩の筋肉をほぐしておくと効果が高まります。【解説】古澤孝一郎(古澤接骨院院長)