脳卒中とはに関する健康情報


【実は盲点】冷え解消には「耳を温める」と良い!脳卒中やうつ、不眠も撃退できる

【実は盲点】冷え解消には「耳を温める」と良い!脳卒中やうつ、不眠も撃退できる

実は、耳を冷やさないように配慮することこそが、冷えから全身を守るためのポイントなのです。また、今回のテーマである高血圧の予防・改善という面から考えても、耳を温めることは極めて重要です。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所院長)


【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

【いきむな危険!】循環器医師が「スムーズに排便する方法」を紹介する理由

循環器の医師である私が「スムーズに排便する方法」を紹介するには理由があるのです。高齢者だけでなく若い人でもトイレで倒れることがあり、トイレでの事故は 非常に多いのです。便が出ずにいきむと、血圧が上がります。ここではトイレで行う快便のツボをご紹介します。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

血液サラサラよりも血管の弾力が大切 名医が教える【血管病】前兆はこれだ

日本人の死因のうち、心筋梗塞と脳卒中で死因全体の30%。3人に1人は、血管の病気で亡くなっていることになります。心筋梗塞と脳卒中はいずれも、血管が硬く、もろくなる動脈硬化が原因で引き起こされる「血管病」です。【解説】島田和幸(地方独立行政法人新小山市民病院院長)


【糖尿病が治る?】ヘモグロビンA1cを下げる方法 3kgやせれば血糖値はグンと下がる!

【糖尿病が治る?】ヘモグロビンA1cを下げる方法 3kgやせれば血糖値はグンと下がる!

体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

【循環器の名医考案】スルッと便が出てトイレ中の脳卒中を予防「1分セルフケア」

「朝、トイレで倒れた」といって来院した男性がいました。検査の結果、その人は、瞬発的に血圧が急上昇するタイプだと判明。トイレでいきんだことで血圧が上がり、めまいを起こしたのでしょう。ふろ場で脳卒中を起こしやすいことは知られていますが、実はトイレでの事故も多いのです。【解説】小谷嘉一(小谷クリニック院長・医学博士)


 【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪腫は "病気の前兆" 動脈硬化は見た目で分かる

【耳たぶのシワ】足がだるい 瞼の脂肪腫は "病気の前兆" 動脈硬化は見た目で分かる

動脈硬化の予兆は、外見に現れることがあります。チェックリストに当てはまるものがある人は、動脈硬化が進行している可能性が考えられます。脳梗塞、心筋梗塞といった病気のサインが潜んでいることがあるので注意が必要です。耳たぶにシワができたケースを写真付きで紹介しましょう。【解説】重松宏(都庁前血管外科・循環器内科理事長)


【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

【心筋梗塞・脳卒中の予防】血液サラサラでは不十分!最新の「血管ケア」が動脈硬化を防ぐ

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。しかし、血管の若返りを図ることは可能なのです。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

【動脈硬化を改善】血管を柔らかくする「血管若返りストレッチ」で脳卒中を防ぐ

私は体の問題点を見つけ、病気になる前に対策を立てる予防医療を提唱・普及しています。あなたの血管は大丈夫でしょうか? チェックテストで確かめてみてください。【解説】金城実(日本予防医療協会代表理事・医学博士)