【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

【虚血性心不全】突然死を防ぐには「首動脈」のエコー検査が有効

救急診療では、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


胃腸の調子が上向き!バナナ便がスルッと出ておなかも凹んだ「この食材」

胃腸の調子が上向き!バナナ便がスルッと出ておなかも凹んだ「この食材」

5年前、ほんの偶然で高血圧がわかりました。それまで健康診断でそのようなことを指摘されたこともなかったし、もちろん、自覚症状もなかったので驚きました。【体験談】新宅隆(仮名・無職・72歳)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

【医師執筆】動脈硬化が進んでいる人は 見た目も老けている

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは――。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学医学部附属病院特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

【人は血管とともに老いる】血管は若返り可能! 心筋梗塞や脳卒中を防ぐ最新血管ケア

「人は血管とともに老いる」といわれるとおり、血管病の最大の原因は加齢です。加えて、血管に負担をかける高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などがあると、動脈硬化と血管病のリスクはさらに高まります。【解説】島田和幸(新小山市民病院院長)


【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

【簡単なやり方】「耳もみ」で糖尿病の血糖値や痛風の尿酸値が下がる!

糖尿病のような治りにくい慢性疾患に対して効果を発揮するのが、耳介療法です。私の治療室では、患者さんの耳に針を打つ「耳バリ治療」を行い、自宅では「耳もみ」を実行してもらい、多くの効果を上げています。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


ランキング


>>総合人気ランキング