tPAに関する健康情報


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)になったとき、血栓を溶かすために使う画期的な薬があります。それは、tPAという薬です。脳梗塞の発作を起こしても、これを4時間半以内に投与すれば血栓が効率よく溶解され、著効例では、ほとんど後遺症が残ることはありません。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)