腰痛の治し方に関する健康情報

腰痛の治し方に関連するキーワード

坐骨神経痛の症状 ほのまき体操の効果
>>腰痛の治し方に関連するキーワード一覧

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

脊柱管狭窄症の症状に悩む患者さんのなかには、「どうせ手術するなら、早いうちにやってしまったほうがいい」と考え、安易に手術に踏み切る人もいるようです。しかし、脊柱管狭窄症の場合、早く手術をすればいい、というものではないのです。【解説】小森博達(横浜市立みなと赤十字病院副院長・整形外科部長)


【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

【重症の脊柱管狭窄症が改善】腰痛を治す方法は「安静」ではなく「歩き方」を変えること

腰痛は、安静にしているとよけい悪くなります。大事なことは、局部を安静にしながら、全身を活動的にすることです。つまり、ふだんの生活で腰に負担をかけないように気をつけながら、大股歩きをするのです。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・名誉教授)


股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

【腰痛改善に効果を実感!】3ヵ月でコルセットが不要になった「ほのまき体操」

私は40歳から農業を始めました。それまで力仕事の経験があまりなく、体には負担がかかっていたのでしょう。しだいに痛みが出始め、深刻な腰痛に悩まされるようになったのです。朝は目が覚めても、腰が痛くてなかなかベッドから起き上がることができませんでしたが、「ほのまき体操」で改善しました。【体験談】宮澤杉郎(自営業・65歳) 


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

脊柱起立筋は、体の表層にある筋肉です。そして、この脊柱起立筋の下には、多裂筋という深層筋があります。脊柱管狭窄症になった人の多くは、この多裂筋がガチガチにかたくなっています。そこで私は、患者さんの多裂筋をマッサージする施術を行うようにしました。【解説】小林篤史(猫背矯正マイスターのいる治療院V-Style院長)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


坐骨神経痛の症状が改善!腰痛が軽くなった!「AKAー博田法」とは

坐骨神経痛の症状が改善!腰痛が軽くなった!「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木健(医学ジャーナリスト)


【坐骨神経痛】症状と治療法 治らない痛みやしびれ 原因は骨盤関節のズレだった!

【坐骨神経痛】症状と治療法 治らない痛みやしびれ 原因は骨盤関節のズレだった!

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)


【自分で治せる】坐骨神経痛の症状に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

【自分で治せる】坐骨神経痛の症状に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、しびれです。足の痛みは、いわゆる座骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるのでしょうか。そうではありません。「冷え」も大きな原因となっているのです。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

腰痛、肩こり、ひざ痛などの症状を改善するポイントは、ズバリ「肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)を動かすこと」。そこで、肩甲骨をほぐす「腕振り」をご紹介します。【解説】北濱みどり(国際中医師A級・社会福祉士)


お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

お菓子を食べつつ5kgダイエット【指ヨガ】って知ってる?

ヨガというと、体を動かす広いスペースや、落ち着ける時間がないと取りかかれない、というイメージがあります。しかし、今回ご紹介する「指ヨガ」は、指を使うだけの非常にシンプルなヨガです。いつでもどこでも、簡単にできます。【解説】深堀真由美(深堀ヨガスクール主宰)


【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

まぶたのたるみを治すと、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなどへの効果が期待できます。【監修】栗橋克昭(栗橋眼科院長) 


脊柱管狭窄症の運動療法 症状の改善には【肛門を締めて姿勢良く立つ】が正解

脊柱管狭窄症の運動療法 症状の改善には【肛門を締めて姿勢良く立つ】が正解

脊柱管は、脊髄を保護しています。しかし、この脊柱管がなんらかの原因で、変形したり、狭くなったりすると、脊髄や、そこから枝分かれした神経の根もと(神経根)、神経周囲の血管が、慢性的に圧迫されます。そうして起こるのが、脊柱管狭窄症です。代表的な症状として「間欠性跛行」があります。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング