誤嚥性肺炎に関する健康情報


【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

噛む、飲み込む、発音するなど、口の様々な機能を支えているのが、繊細で複雑な舌の動きです。舌の筋肉とあごや口の筋肉との連携について調べたところ、舌を動かすことで、あごのゆがみをある程度予防できることが判明しました。そこで、私が推奨している口周りの運動が「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

【高齢者の便秘】対策は「玄米菜食」 糖尿病、心臓病も改善すると医師が解説

肥満を改善するために、最も効果的な食事が玄米菜食です。玄米菜食とは、主食を玄米や雑穀とし、主菜を野菜や豆、海藻、漬物にして、肉や魚、卵、乳製品は極力控える食事法です。私のクリニックでは、外来の患者さんに、玄米菜食を勧めています。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


 【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング