歯周病に関する健康情報

歯周病に関連するキーワード

口臭
>>歯周病に関連するキーワード一覧

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

【糖尿病専門医】糖尿病を改善したいなら歯科も受診をするべし!自ら実証した「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)


【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

【ドライマウスを改善】唾液の分泌を促進する「昆布水」で歯周病や口臭、虫歯を予防できると歯科医が推奨

「口の中が乾いて夜中に目が覚める」「朝、起きたときに口の中が乾いてネバネバする」といった症状が「ドライマウス」です。唾液には抗菌作用や粘膜保護作用、自浄作用など、多くの働きがあり、分泌量が減少すると、虫歯や歯周病、口臭、加齢臭などの原因になります。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

【噛むことの健康効果】誤嚥性肺炎、歯周病、二重顎まで改善する「舌回し」体操

噛む、飲み込む、発音するなど、口の様々な機能を支えているのが、繊細で複雑な舌の動きです。舌の筋肉とあごや口の筋肉との連携について調べたところ、舌を動かすことで、あごのゆがみをある程度予防できることが判明しました。そこで、私が推奨している口周りの運動が「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」 ひび割れは婦人科疾患のサインかも

歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」で 食前後は「舌回し」

【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」で 食前後は「舌回し」

昭和の時代から、歯科医師の間では、「糖尿病の人は歯周病になりやすく、治りにくい」といわれていました。最近になって、「歯周病の治療をすると、糖尿病が改善に向かう」という報告が多く上がり始め、さらに「歯周病の人は糖尿病になりやすい」ということも、わかってきたのです。【解説】森昭(竹屋町森歯科クリニック院長)


【糖尿病改善】歯周病を撃退して血糖値を下げるセルフケア「耳の下もみ」のやり方

【糖尿病改善】歯周病を撃退して血糖値を下げるセルフケア「耳の下もみ」のやり方

糖尿病と歯周病との間に密接な関係があることをご存じでしょうか。糖尿病の人は糖尿病でない人に比べて、重症の歯周病になる確率が2〜3倍高いというデータがあります。これとは逆に、糖尿病を罹患している歯周病患者に歯周治療を行うと、血糖値が改善したという報告も多数あります【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

【新常識】歯周病を招く原因の一つは「カルシウムの取りすぎ 」対策は「昆布水」が有効

「1日1杯のコンブ水が歯や骨を丈夫にします」というと「カルシウムを十分にとっているからコンブ水なんて必要ない」と思う人がいるでしょう。しかし、その考えは大きな誤りです。世界の歯科学会では「歯周病は感染症ではない」という新しい理論が支持され、新常識になりつつあります。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長・歯学博士)


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

私たちの体を巡り、生命活動を支えている血液は、心臓から送り出された後、動脈を通って全身に届けられます。しかし、末梢の血管に行くほど圧力は弱くなり、じゅうぶんな血液が届きにくくなります。そうした末梢部の1つが、歯の周りの血管です。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長・日本歯科大学附属病院臨床教授)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。しかし、最近は、このルールが守られていません。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

私の診療所では、保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。【解説】松見哲雄(松見歯科診療所院長・日本自律神経免疫治療研究会会員)、松見千奈美(松見歯科診療所食養指導管理士)


【医師監修】口を閉じると「あごに梅干しみたいなシワ」できる人は…

【医師監修】口を閉じると「あごに梅干しみたいなシワ」できる人は…

自分が鼻呼吸なのか口呼吸なのか、よくわからないという人もいらっしゃるでしょう。そういう人は、まず上の「口呼吸チェックリスト」で確認してみてください。いかがでしたか。いくつか該当する項目がありましたか。実は、一つでも該当するようでしたら、口呼吸の可能性があります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

【きっかけは患者さんのニオイ】口呼吸の害を伝えることに、医師人生をかける!

――呼吸と病気が関係しているかもしれない。私がそう思うようになったのは、患者さんの「におい」がきっかけでした。毎日多くの患者さんと接しているうちに、鼻のきく私は、患者さんたちに特有の口臭があることに気づいたのです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング