【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(1)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(1)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【シェフの健康レシピ】高血圧を克服し18kg減!料理長の絶品「玉ねぎスープ」

【シェフの健康レシピ】高血圧を克服し18kg減!料理長の絶品「玉ねぎスープ」

職業柄糖尿病と診断され、「タマネギスープ」を考案し飲み続けました。血糖値の改善と並行して血圧もだいぶ下がり、最大血圧は120mmHg、最小血圧65mmHg程度で正常の範囲内です。体重もいつの間にかスルスルと減少し18kgもやせました。【解説】窪田好直(グリル満天星総料理長)


【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(1)

【血糖値を下げる】料理研究家・村上祥子流おいしい「ゴーヤ」メニュー(1)

ゴーヤは、沖縄の代表的な健康長寿食材です。近年の研究により、ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、糖尿病の人の血糖値を下げ、高血圧、肝臓病、肥満、認知症まで防ぎ治すことがわかってきました。今回は、ゴーヤ独特の苦みを上手に処理、または生かした、手軽でおいしい健康料理を紹介します。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【ホルモンバランスを整える食べ物】女性の味方は "小豆" シミやシワ、乳がんを防ぐ効果

【ホルモンバランスを整える食べ物】女性の味方は "小豆" シミやシワ、乳がんを防ぐ効果

あずきは赤ワインの1・5〜2倍ものポリフェノールが含まれており、抗酸化力は抜群。ガンをはじめとする生活習慣病や動脈硬化、シミ、シワを予防します。また豊富なサポニンの効果で、コレステロールや中性脂肪の増加を防ぎ、血栓や動脈硬化の原因を抑制します。利尿効果もありむくみを防ぎます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【やり方】座骨神経痛がその場で解消!ダイエットや性力アップの効果が期待できる「かかとテープ」

【やり方】座骨神経痛がその場で解消!ダイエットや性力アップの効果が期待できる「かかとテープ」

かかとテープは、左右のかかとにキネシオテープを貼るという、とても簡単な健康法です。長時間のウォーキングやジョギングをしなくても、かかとテープを貼ったまま、日常動作をしたり、散歩などの軽い運動をしたりするだけで、ふくらはぎや太ももの筋肉をはじめ全身の筋肉が強化できます。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長)


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


新発見【梅のダイエット効果】運動なしで脂肪が燃える!筋肉の質が一変する

新発見【梅のダイエット効果】運動なしで脂肪が燃える!筋肉の質が一変する

私たちは食品会社と協力しながら、梅の効果を科学的に実証する研究を続けています。運動しなくても、梅をとるだけで脂肪が燃えやすい体に変わると研究で明らかになりました。これまでの研究でマウスに梅を与えると、流れるプールで泳げる時間が長くなることがわかりました。【解説】白木琢磨(近畿大学生物理工学部准教授)


【ソバの実の効能】血糖値の上昇を緩やかにする"蕎麦の実"は脂肪排出ダイエット食

【ソバの実の効能】血糖値の上昇を緩やかにする"蕎麦の実"は脂肪排出ダイエット食

最近、テレビがきっかけとなり、「そばの実がダイエットに効果的」と話題になっています。長年、そばの機能成分や健康効果を研究してきた私から見ても、そばは最良のダイエット食品といえるでしょう。便通をよくし、余分な脂肪の排出を促進しつつ必要な栄養素をしっかり摂取できます。【解説】池田清和(神戸学院大学栄養学部教授)


【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

【ダイエット効果】ウエスト痩せに即効!その場で9cm減った「わき腹呼吸」のやり方

わき腹呼吸を実践されたかたからは、うれしい声が続々と寄せられています。ネコ背などの悪い姿勢がよくなった、呼吸が楽になったという声をはじめ、腰や首、肩、ひざなどの慢性的なコリや痛みが改善したというお話も多く聞かれます。【解説】Haruhi(ボディトレーナー「幸せボディ姿勢ニスト」)


【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

酢とニンジンには、いずれにも幅広い薬効があります。ニンジンを酢漬けにすることで両方の効果を相乗させ、しかも無理なく手軽にとることができます。【解説者】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


【くびれを作る方法】お腹周りの脂肪を落とすダイエット「わき腹つかみ」で腰痛も治った!

【くびれを作る方法】お腹周りの脂肪を落とすダイエット「わき腹つかみ」で腰痛も治った!

「女性らしいしなやかな体を手に入れたい」「ウエストがくびれたメリハリのある体が欲しい」「動ける体になりたい」そんな人にお勧めしたいのが、「わき腹つかみ」です。わき腹つかみは、私が腰痛を克服する際に誕生した、とても簡単な体の調整法です。【解説】KISAKI(TWO MOON主宰・整体師)


【ダイエット効果】43kg減の医師推奨!野菜を先に食べる「サキベジ」は茹で野菜でもOK!

【ダイエット効果】43kg減の医師推奨!野菜を先に食べる「サキベジ」は茹で野菜でもOK!

私は先に野菜を食べる「サキベジ」という食事法を推奨しています。空腹時に糖質の多い食品をとると、血糖値が急上昇します。すると、インスリンが膵臓から分泌され糖を脂肪に合成します。インスリンの分泌量を増やさないためには「血糖値を急上昇させないこと」が重要になります。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)


【ダイエット】ぜい肉「背脂」「振り袖」が消えた!頑張らないエクササイズとは

【ダイエット】ぜい肉「背脂」「振り袖」が消えた!頑張らないエクササイズとは

足の親指の関節には、多くの筋肉がつながっています。足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足裏を使いこなすことができるようになります。そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー)


【医学的に効果が証明】ダイエット効果を高める呼吸法「長生き呼吸」3つの極意とは

【医学的に効果が証明】ダイエット効果を高める呼吸法「長生き呼吸」3つの極意とは

息を吸うときに腹が膨らみ、吐くときに凹む腹式呼吸を、深くゆっくりと行うと、健康向上やダイエットに役立ちます。これまでの研究により、深くてゆっくりした腹式呼吸には、自律神経を整える作用があり、ポイントを押さえればダイエットにも有効と判明しました。【解説】坂田隆夫(日産厚生会玉川病院循環器科副部長)


【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

私は医師であるとともに、断食指導者でもあります。医師である私が断食を勧めている理由、それは、私自身の体験に基づいています。断食を行うことの利点と、自宅で安全にできる方法を紹介したいと思います。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは ― 難病を克服した医師が解説

【セロトニンが活性化】「断食」が心身にもたらす効果とは ― 難病を克服した医師が解説

心が不安定になると、病気はますます治りにくくなります。腸には、心を癒し、平常心や前向きな気持ちをもたらす神経伝達物質「セロトニン」が、多く存在します。断食で腸を休ませ、腸内環境を整えることは、セロトニンの活性を高めることにもつながります。【解説】西本真司(西本クリニック院長)