ストレスに関する健康情報

ストレスに関連するキーワード

不眠症
>>ストレスに関連するキーワード一覧

【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

【慢性腰痛の改善】頬をほぐすマッサージで痛みが即効和らぐ!脊柱管狭窄症にも効果

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

【円形脱毛症】で爪がボロボロ?頭皮と爪に栄養を与える「爪もみ」の効果とは

お勧めしたいのが爪もみです。爪もみは自分で簡単に、安全に自律神経の調整効果を引き出せる治療法です。患者さんにも全員にやらせていますが、早期に爪もみを開始し、積極的に体を温めながら血流の回復を図った人は、1ヵ月後くらいから髪も生えるようです。【解説】永野剛造(日本自律神経免疫治療研究会会長・永野医院院長)


【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

漢方薬の処方を個別に行うように、ストレスを軽減させる方法も、人によってさまざまです。ただ、「精神を安定させる」ことだけを目的とするならば、脳を休めることで達成できます。脳を休めるには、一つのことに集中するのが効果的です。余計なことを考えず、雑念を払うことで、脳が休まるのです。【解説】桜井竜生(漢方医)


【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

【なぜ猫に癒されるのか】猫と暮らせば心筋梗塞の死亡率が下がる!脳が活性化すると実験で判明

ヒトは、猫と触れ合うと、脳に大きな変化が現れます。猫と暮らすことは、かわいがることで癒し効果が得られるのと同時に、さまざまな作業が必要となります。食事や飲み水の用意をするなど、こうした一連の作業はすべて、脳をよく使うことにつながります。【解説】内山秀彦(東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室准教授)


【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

私は「睡眠時の血圧を下げることこそが、健康長寿のカギである」と考えています。その対策について、お話ししましょう。高血圧患者の多くは、原因不明の「本態性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどはストレスであると考えています。また、朝食も重要です。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

朝の満員電車で、あるいは、痛ましい事件や事故のニュースを見たとき、人は心身の苦痛から身を守ろうと、息を止めて無感覚になっているといいます。それと同時に、「自分を見失う」状態にもなっているといいます。そんなとき、ストローを吹くような呼吸をするといいのです。【解説】藤本靖(ロルフィング®スタジオ・オールブルー主宰)


【高血圧が改善】「インターバル速歩」はミトコンドリアを増やし老化を防ぐ健康法

【高血圧が改善】「インターバル速歩」はミトコンドリアを増やし老化を防ぐ健康法

もともと、私は仕事などのストレスが原因で、最大血圧が160mmHg前後もありました。それが130mmHgになり、基準値内にまで降下したのです(基準値は最大血圧が140mmHg未満)。加えて、体重も3kg減少し、スッキリした体型になりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科スポーツ医科学講座教授)


【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

意識を「今ここ」に集中させる「マインドフルネス」という技法が、欧米の医療・教育現場に導入されています。健康な人のストレス対処にはもちろん、抑うつ症状や慢性的な痛みがあるひと、子どもから大人まで、どんな人にも有効な呼吸法を紹介します。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネス・インスティテュートCEO)


【手のツボ】ストレスを解消し、うつ病が改善する「中指の1点刺激」のやり方

【手のツボ】ストレスを解消し、うつ病が改善する「中指の1点刺激」のやり方

私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

「カラオケを楽しみながら、腰痛が治る」こんなことを聞いたら、驚くかもしれませんね。カラオケには、隠れた健康効果があり、脳細胞の活性化、血流促進、内臓機能の強化、筋肉増強など、さまざまな有効性が期待できるのです。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長・医学博士)


疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院肥満・糖尿病センター長)


【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

これまで1700人に上る患者さんの24時間血圧を測定してきて、私は「日中の活動時の血圧ではなく、睡眠時の血圧が高いことが問題である」という結論に至りました。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


脊柱管狭窄症を悪化させる原因は「ストレス」と医師が分かりやすく解説

脊柱管狭窄症を悪化させる原因は「ストレス」と医師が分かりやすく解説

脊柱管狭窄症は、神経の通り道となっている脊柱管が変形して狭くなり、神経を圧迫して痛みやしびれを起こす病気です。その典型的な症状として、「間欠性跛行」が挙げられます。これは、歩いているうちに痛みやしびれで歩けなくなり、再び歩くまでにしばらく休む必要が生じるというものです。【解説】大谷晃司(福島県立医科大学教授)


ランキング


>>総合人気ランキング