ぜんそくに関する健康情報


【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

【1円玉療法】喘息の発作を和らげ予防する「背中の特効ツボ」の探し方

ぜんそくの発作は、大変苦しいものです。重症になると、命にもかかわりますし、特に体力のない子どもや年配者には深刻な病気です。急に呼吸困難になり、吸い込んだ息を十分に吐き出せないため、患者さんは今にも窒息するかのような苦しみを味わいます。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

【漢方医解説】酢人参は老眼・白内障改善に効果を発揮 脂肪の多い「固太り」のダイエットにも向いている!

酢とニンジンには、いずれにも幅広い薬効があります。ニンジンを酢漬けにすることで両方の効果を相乗させ、しかも無理なく手軽にとることができます。【解説者】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

【医師解説】便の量が増えて20kgやせた!睡眠時間も短縮「週1断食」の効果とは

私は医師であるとともに、断食指導者でもあります。医師である私が断食を勧めている理由、それは、私自身の体験に基づいています。断食を行うことの利点と、自宅で安全にできる方法を紹介したいと思います。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

夜中のひどいセキ、運動で呼吸が息苦しくなったり……その症状は、ぜんそくかもしれません。2015年に保険適応となった新しい治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」についてお話を伺いました。【解説】峯下昌道(聖マリアンナ医科大学病院副院長 呼吸器内科部長)【取材・文】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

【医大教授解説】自らの喘息と花粉症が大改善!「にんにく」の抗アレルギー効果

ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性の病気に悩む人は多いものです。私は、「抗アレルギー食品」について、長年研究を続けてきました。そのなかで、最も注目している一つがニンニクです。実は、私自身もかつて、ぜんそくと花粉症に悩んでいました。【解説】和合治久(埼玉医科大学保健医療学部教授)


咳が止まらない・喘息に【このツボ】薬が効かない息苦しさと発作に 子供にも効果

咳が止まらない・喘息に【このツボ】薬が効かない息苦しさと発作に 子供にも効果

呼吸器系の症状を訴える患者さんに、私が勧めているのが、ツボ刺激です。止まらない咳、長引く咳、治りにくい喘息の発作に有効なツボは2点。孔最と中府です。私自身も、子供も、ぜんそくに悩まされたことがありますが、ツボ刺激を集中的に実践したところ、半年ほどの間に発作が出なくなりました。【解説者】鈴木秀寿(宝寿堂鍼灸治療院院長)


【蓄膿症 副鼻腔炎の治し方】痰や咳が出る時は何科? 鼻水 痰の色は? 後鼻漏の対策は?

【蓄膿症 副鼻腔炎の治し方】痰や咳が出る時は何科? 鼻水 痰の色は? 後鼻漏の対策は?

呼吸器系の炎症が8週間以上続くと「慢性気管支炎」と診断されます。それ以外の場合、上気道であるのどもしくは鼻副鼻腔の疾患の可能性があります。耳鼻咽喉科の専門領域で、内科では対処できない場合も。慢性鼻炎や蓄膿症を併発し止まらない痰(後鼻漏)を起こしているケースが多いのです。【解説】呉孟達(アレジオ銀座クリニック院長)


【医師解説】疲労回復!呼吸が楽になり不眠症が改善「肋骨のすきま押し」のやり方

【医師解説】疲労回復!呼吸が楽になり不眠症が改善「肋骨のすきま押し」のやり方

肋骨のすきま押しが健康効果をもたらすのは、ガンの患者さんに限りません。多忙でストレスに満ちた生活を送る現代人は、呼吸が浅い傾向にあり、背中が常に重苦しいと感じる人が少なくありません。ぜひお勧めしたいセルフケアです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)


【血圧を下げる】タマネギの健康効果、一日にどのくらい食べればいい?

【血圧を下げる】タマネギの健康効果、一日にどのくらい食べればいい?

私はこれまで、さまざまな食品の効能を研究してきました。その中で出会ったのがタマネギです。私が行ったマウス(実験用のネズミ)を使った実験では、タマネギに血圧を下げる働きがあることを確認しました。【解説】斎藤嘉美(介護老人保健施設 むくげのいえ 施設長 元東京大学医学部講師)


「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

私の診療所では、保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。【解説】松見哲雄(松見歯科診療所院長・日本自律神経免疫治療研究会会員)、松見千奈美(松見歯科診療所食養指導管理士)


ランキング


>>総合人気ランキング