スマホ老眼に関する健康情報

スマホ老眼に関連するキーワード

まぶたアップ法 まぶたさすり 目の温パック
>>スマホ老眼に関連するキーワード一覧

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


【近視・老眼を改善】目のピント調節力を高める「目と首の温パック」で視力低下を予防できる

【近視・老眼を改善】目のピント調節力を高める「目と首の温パック」で視力低下を予防できる

「近視が進んで気になる」「緑内障が心配」「老眼で手元が見えづらい」こんな人に、ぜひお勧めしたいセルフケアがあります。それは、蒸しタオルなどで目を温める「目の温パック」です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因

見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)


【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

【医師解説】スマホ老眼、目の疲れを取る方法は「目の温パック」が最適

眼精疲労やドライアイにお勧めは、「目の温パック」です。目を温め血流がよくなると、毛様体筋の緊張がほぐれて目のピントの調節力が回復し、見え方も改善します。目の温パックは、バスタイムが最適時間です。湯ぶねの温度を40℃前後にすれば適温になります。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)