【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

【豆乳グルグルヨーグルト】トッピングでさらにおいしく腸活!

そのまま食べると、乳酸菌と酵母の独特のおいしさを楽しめますが、そこにトッピングが加わるとコクのあるまろやかな味に。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【知ってる?】豆乳グルグルヨーグルト物語

【知ってる?】豆乳グルグルヨーグルト物語

もともとヨーグルトが大好きだった私ですが、過敏性腸症候群を発症し、市販のヨーグルトが合わなくなってしまいました。そんな中で出会ったのが、豆乳と玄米だけで作るという、画期的なヨーグルトでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


豆乳グルグルヨーグルトの「基本の作り方」

豆乳グルグルヨーグルトの「基本の作り方」

さあ、豆乳グルグルヨーグルトを作りましょう。ポイントは、少しずつ、じっくり時間をかけて行う種菌作りです。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家・「TGG豆乳ヨーグルト同好会」管理人)


【超重症の冷えに】自律神経失調症や夜間頻尿からも解放された この健康法

【超重症の冷えに】自律神経失調症や夜間頻尿からも解放された この健康法

十数年前、私は乳ガンの手術を受けました。「ショウガ紅茶」を飲み始めたのは、その手術から1ヵ月ほどたってからのことです。【体験談】小出春子(仮名・主婦・70歳) 


【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。いわゆる「医者の不養生」。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日でした。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

物忘れを撃退! 血液サラサラ効果で動脈硬化を防ぐ! 脳と心臓を守る酢タマネギ

私は長年にわたる研究で、タマネギの優れた健康効果を解き明かしてきました。ここでは、特にタマネギの物忘れ予防効果を中心にお話しします。【解説】西村弘行(北翔大学学長・東海大学名誉教授)


【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

【医師考案】野菜スープで体内デトックス!糖尿病や高血圧、脂肪肝も改善

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの患者さんは、日々の生活で厳しい食事制限を課せられているのではないでしょうか。いつもカロリーを気にし、塩分や糖質を抑えているような食事では、食事の楽しみが半減し、ストレスもたまる一方ですね。【解説】髙橋 弘(ハーバード大学医学部元准教授・麻布医院院長)


【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

【レモン酢】は血管を強くしてダイエット食としてもおすすめ

脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や高脂血症、糖尿病の合併症など、動脈硬化が引き金になって起こる病気を抱えている人に、レモン酢を推奨します。病気がちだったり、疲れやすかったりして抵抗力が落ちているときに取ると、早めの回復が期待できそうです。ダイエットの補助食としてもおすすめです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

【医師解説】黒豆の効能を100%引き出す「黒豆の煮汁」は飛蚊症に効くと評判

私はのクリニックの患者さんには、漢方薬の処方と併用して「黒豆の煮汁」を勧めています。黒豆の煮汁には、LDL(悪玉)コレステロールを減らすグリニシン、リノール酸、レシチン、リグニンや、中性脂肪を減らすリノレン酸といった成分が豊富に含まれています。【解説】野崎 豊(ノザキクリニック院長)


【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

【熱湯を注ぐだけ】目がしょぼしょぼ、まぶしい、痛い原因を解消する「クコ湯」の作り方

目の不快症状を改善するには、第一に目をできるだけ休めることが大切です。加えて、肝の働きを助けるクコの実で作る「クコ湯」をお勧めします。【解説】井上正文(薬剤師)


【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

【医師が作り方・飲み方を解説】耳鳴りが止まらない!そんな人にも効果を発揮する「黒豆の煮汁」

黒豆には、悪玉コレステロールをへらし、血圧を下げるリノール酸が多く含まれています。その結果、血流がよくなり耳鳴りの改善につながるのです。加えて、黒豆にはナイアシンというビタミンが含まれています。ナイアシンは脳神経の働きを助けるといわれ、耳鳴り改善に効果が期待できる機能性成分です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

【漢方薬剤師が解説】「黒ごま酒」の効能と作り方―めまいを改善し、肌や髪の老化を防ぐ

漢方では、めまいを「眩暈」と言います。眩は目の前が暗くなること、暈は体がゆらゆら揺れるさまを示します。【解説】井上正文(前橋・小暮医院 漢方相談室)


【医師監修】酢玉ねぎの食べ方―薬と同様に血圧を下げる成分が含まれ、めまいの軽減にも役立つ

【医師監修】酢玉ねぎの食べ方―薬と同様に血圧を下げる成分が含まれ、めまいの軽減にも役立つ

酢タマネギには、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設 むくげのいえ施設長)


【酢玉ねぎ】の効果で、めまいと耳鳴りが解消!夫は高血圧が下がって改善

【酢玉ねぎ】の効果で、めまいと耳鳴りが解消!夫は高血圧が下がって改善

酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130㎜Hg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90㎜Hg前後です。【体験談】酒田文子(仮名・主婦・47歳) 


バナナを焼く「焼きバナナ」はダイエットに効果的!シワやたるみも撃退できる

バナナを焼く「焼きバナナ」はダイエットに効果的!シワやたるみも撃退できる

私のパワーの源は、もう25年近くも毎日食べ続けている、バナナです。【体験談】居場京子(兵庫県●47歳●Ⅰ.B.A‐TOTAL BEAUTY CONSULTING代表) 


【腸内フローラが改善する食品】バナナを焼くとオリゴ糖が増え、免疫力も高める

【腸内フローラが改善する食品】バナナを焼くとオリゴ糖が増え、免疫力も高める

皆さんは、ふだんからウンチの量を気にされていますか。現代の日本人は、戦前に比べると、ウンチの量が約半分に減少したといわれています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

【実験で証明】メニエール病、更年期障害に特効!平衡感覚の乱れを直す「しょうが紅茶」

めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)


【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


【脂肪肝を治す】5kgやせてお腹の脂肪を取る「酢キャベツ」健康法を実践する耳鼻科医

【脂肪肝を治す】5kgやせてお腹の脂肪を取る「酢キャベツ」健康法を実践する耳鼻科医

私は、大学に勤める一方で、テノール歌手として活動してきました。83歳になった現在も、世界最高齢のテノール歌手として、週に1度は、ステージで歌っています。そんな私の健康法の一つが、酢キャベツダイエットです。【解説】原田康夫(広島大学元学長・耳鼻科医・テノール歌手)


ランキング


>>総合人気ランキング