坐骨神経痛の症状に関する健康情報


【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木 健(医学ジャーナリスト)


【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


坐骨神経痛に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

坐骨神経痛に即効!使い捨てカイロはここに貼れ

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛と足の痛み、しびれです。足の痛みは、いわゆる座骨神経痛で、休みながらでないと歩けなくなるのが特徴です。とはいえ、それらの症状の原因は、すべて脊柱管の狭窄による神経の圧迫にあるのでしょうか。そうではありません。「冷え」も大きな原因となっているのです。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング