【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

【医師解説】慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やすイチオシ発酵食品は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、下剤に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

私のクリニックの患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量の下剤(便秘薬)を服用している人もいます。そんな便秘の患者さんたちを診ていて痛感するのが、梅雨時に「冷え」を訴える人が多いということです。なかでも特に目立つのが「おなかの冷え」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

運動量の少ない現代人は、だるさや疲れが「気(生命エネルギーの一種)」の滞りによって引き起こされることが少なくありません。気の滞りを解消し、体調を改善するには、適度に体を動かしたほうが効果的なのです。【解説者】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ①

食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ①

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【困る】おならがよく出る 止まらない 臭すぎるのは病気? 対策は「この体操」

【困る】おならがよく出る 止まらない 臭すぎるのは病気? 対策は「この体操」

私のクリニックでは、冬場と、梅雨から夏にかけて便秘で来院する患者さんが増えます。その原因は、冬場の寒さと、夏場のエアコンの冷気。腸が冷え、働きが抑制されるからです。そんな人のために考案したのが、便秘を改善する「オリーブココア」です。おならの悩みを解消する簡単体操も紹介します。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【医師絶賛】便秘を解消して痩せ体質にする「甘い野菜スープ」 糖尿病・膵臓病の養生メニューにも

【医師絶賛】便秘を解消して痩せ体質にする「甘い野菜スープ」 糖尿病・膵臓病の養生メニューにも

マクロビオティックの代表的な養生メニューの一つ「甘い野菜スープ」は、効果・効能の面では万人向けの健康食といえます。理由は大きく三つ挙げられます。一つは、血糖値の上昇が緩やかなこと。二つ目は、腸内環境を整える働きがあること。三つめはビタミン、ミネラル、ファイトケミカルを効率的に摂取できることです。(みうらクリニック院長)


【高血圧対策に良い食べ物】手作り「昆布水」がベスト 作り方を医師が紹介

【高血圧対策に良い食べ物】手作り「昆布水」がベスト 作り方を医師が紹介

医療が発達した現代、薬さえ飲めば病気は治ると考えている患者さんが少なくありません。確かに、投薬治療で治る病気もありますし、薬は、自然治癒力を応援することができます。しかし、薬によっては、当座の症状を和らげるだけで根本治療には役立たない場合があるのです。【解説】信川益明(千代田漢方内科クリニック院長・医師)


作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な美味レシピはこれ!

作り置き【酢キャベツダイエット】超簡単な美味レシピはこれ!

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【アトピー、鼻炎を撃退】アレルギー体質を腸から改善する「玄米昆布スープ」

【アトピー、鼻炎を撃退】アレルギー体質を腸から改善する「玄米昆布スープ」

アトピー、肌荒れ、ニキビなどの患者さんは、便秘がちです。便秘が改善して腸がキレイになると、肌もキレイになります。私の娘も玄米昆布スープを飲むようになって、ニキビがすっかり消えました。【解説】関太輔(セキひふ科クリニック院長・富山大学医学部臨床教授)


【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

【甘酒より簡単】便秘・下痢を改善!生きたまま腸に届く「こうじ」水の作り方

糀(こうじ)水は、簡単にできて非常に役立つ栄養ドリンクであり、整腸剤でもあります。疲労回復にも最高で、実際に飲まれているお客様のなかには、便秘や下痢が解消した人が、続出しています。また「糀は、有害な活性酸素を撃退する抗酸化作用が極めて強い」ということが実証されたんです。【解説】山﨑京子(山﨑糀屋女将・糀コンシェルジュ)


【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

【加齢臭・体臭】対策は「切り干し大根スープ」1週間で効果がわかる!

食べ物を変えることで、体臭の改善が期待できます。「朝いちばんに切り干し大根スープを飲む」ことを、1週間続けてみてください。体臭の変化がわかると思います。また、加齢臭の軽減にも効果的です。【解説】中美恵(キレイになるマクロビ料理研究家・ mieʼs レシピクッキングサロン主宰)


すぐに【30cmの便が出た!】便秘解消のお助け食べ物「大根」の威力を医師が解説

すぐに【30cmの便が出た!】便秘解消のお助け食べ物「大根」の威力を医師が解説

「切り干し大根スープ」は主にダイエットに役立ち、「大根ニンジンスープ」は便秘の特効薬とされています。2種類の大根スープについて、食事療法を勧める医師の立場から解説します。体型や体質で使い分ければ、より大根の効果が得やすくなるのです。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


透析患者の便秘・便臭が改善!秘密は「甘酒」 減薬、断薬に成功している人続々

透析患者の便秘・便臭が改善!秘密は「甘酒」 減薬、断薬に成功している人続々

透析をしている患者さんのうち、およそ6割が慢性的な便秘に悩んでいるといわれています。麹だけで作った「麹甘酒」を飲んでもらったところ、便秘の解消に大きな効果が発揮されました。透析患者さんだけではなく、健常者にとっても大変有益だと考えられます。【解説】上原由美(公立碓氷病院栄養科係長・管理栄養士・環境共生学博士)


【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

【医師解説】宿便を出す「大根人参スープ」 便秘に効く秘密とは

大根ニンジンスープは、便秘の特効薬であり、即効性があるとされています。その秘密は、スープの材料となる食品の、複合的な作用だと考えられます。まず、大根やニンジンの食物繊維の働きです。そして、含有されるビタミン類や、酵素の働きも見逃せません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

麹とかかわるようになって7年。知れば知るほど、その奥深さと偉大さに感嘆します。麹は、日本人が知恵と経験と長い時間をかけて、今の形に作り上げたものです。食料が乏しい時代、私たちの祖先は、麹を中心とした発酵食品で栄養を補い、命をつないできました。【解説】小紺有花(麹料理研究家)


【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

【医師解説】米麹で作る簡単手作り「生甘酒」 アトピーが改善、20kgやせた人も

善玉菌を増やして腸内環境を改善し、健康な腸を保つために、私が皆さんにお勧めしているのが、「生甘酒」です。生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。【解説者】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング