認知症に関する健康情報

認知症に関連するキーワード

物忘れ ボケ
>>認知症に関連するキーワード一覧

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

日本では、認知症に対する医療や社会の理解が非常に遅れています。結果、誤った対応によって症状がより深刻化し、ご本人や周りの人たちがつらい思いをしてしまうケースが後を絶ちません。医師や介護職の人はもちろん、家族も病気に対する正しい知識を持つ必要があります。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

【シミ・シワ・たるみ】「かかとの上げ下げ」で毛細血管を再生し老化を食い止める!糖尿病・認知症も予防

「かかとの上げ下げ」という運動は、私たちの老化や病気を防ぐ、優れた運動といえるでしょう。その理由は、毛細血管の修復・再生が期待できるからです。毎日の少しの努力で、毛細血管の減少は食い止められます。若さと健康は、維持することができるのです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

認知症になると、妄想が増えて介護する家族の大きな負担となることも。特によく起こるのが「物盗られ妄想」です。認知症が進行すると記憶力と判断力が低下します。「ここに物があったはず」という過去の記憶と「実際にここにはない」という今の状況とを、記憶によってつなぐことができないのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、視力・聴力の低下、平衡機能の低下、変形性膝関節症、そして認知症などがあります。平衡機能の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。【解説】石上惠一(東京歯科大学特任教授)


【認知症予防】神経伝達機能を鍛える脳活トレーニング「伝わり体操」とは?

【認知症予防】神経伝達機能を鍛える脳活トレーニング「伝わり体操」とは?

伝わり体操は、「脳の指令を筋肉に伝わりやすくする体操」という意味で名付けました。人間の体は、脳からの「動け」という指令が、運動神経を経由して筋肉に伝わることによって動きます。いくら筋肉を鍛えても、この伝達機能が不十分だと、筋肉を動かすことができません。【解説】吉中康子(京都学園大学教授)


【学会も注目】「生甘酒」は免疫を高める効果がある、認知症の問題行動を抑えると研究チームが発表

【学会も注目】「生甘酒」は免疫を高める効果がある、認知症の問題行動を抑えると研究チームが発表

闘病中や病み上がりのかたにも、生甘酒はお勧めです。病気になると、どうしても免疫力が下がり、食欲も減退します。こうした場合にも、生甘酒は効果を発揮します。腸の炎症が改善して腸内環境が整うと、免疫力が向上して食欲が出てきます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

【認知症】異常行動の最大原因は「脱水」! 脳トレよりまずは水分摂取を

飲む水の量が足りないと、高齢者はすぐに脱水を起こし、熱が出たり肺炎になったりします。そこで、脱水を防ぐために、患者さんに十分な量の水を飲ませるケアを始めたところ、認知症の特徴的な症状がよくなる人が続出したのです。【解説】竹内孝仁(国際医療福祉大学大学院教授)


【研究で判明】認知症予防には「思い出」が有効!自宅でできる回想法とは

【研究で判明】認知症予防には「思い出」が有効!自宅でできる回想法とは

昔話をしたり、昔の品物を見たりすると、脳の血流が増えることが確認できました。さらに、3ヵ月続けると、高齢者の能動的な活動につながることもわかってきました。【解説】遠藤英俊(国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長)


【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

【脳研究】認知症・うつ予防に効果的なウォーキングのポイント2点「しりとり」「知らない町」

認知症を予防するために、どんなことを心がけるべきか。脳に関する研究の進展によって、その方向性がしだいに見えてきました。最も勧められるものが運動です。とはいえ、サッカーやテニスのような、激しいものをする必要はありません。【解説】瀧靖之(東北大学加齢医学研究所教授・医師・医学博士)


【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

【症状別に効く】歩数と歩き方が判明!基本は1日8000歩・20分の速歩き

昼間お勤めをしている人は、平日に外出や散歩の時間を取ることが難しいかもしれません。駅までの道を速足で歩く、職場の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベーターやエスカレーターは使わない、などを心がけるといいでしょう。【解説】青栁幸利(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)


認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

認知症が改善!むずむず脚の症状も即消失する「指の二点押し」のやり方

腕の内側の生体の流れは指先に向かっていますから、指先に向かって押すと、滞っていた生体の流れがよくなるのです。この指の2点押しを行うと、脳の末梢の血流がよくなるので、頭痛の改善や、認知症の予防に役立ちます。【解説】金三雄(ゆうあい内科・脳神経クリニック理事長)


【医師解説】認知症は医師選びが重要!抗認知症薬の多剤投与の危険とは

【医師解説】認知症は医師選びが重要!抗認知症薬の多剤投与の危険とは

日本で認知症の患者さんが急増している理由として、世界一の長寿化や、糖尿病患者の増加などが指摘されていますが、私は、多剤投与や抗認知症薬の副作用も、大きく関与していると考えます。【解説者】長尾和宏(長尾クリニック院長)


MCI(軽度認知障害)の予防・対策に「脳トレ」が効果的な理由

MCI(軽度認知障害)の予防・対策に「脳トレ」が効果的な理由

人間の脳は40代から機能低下が顕在化します。定期的に認知機能をチェックすることで、仮にMCIの疑いありと判定されても、そこからすぐに予防行動をとれば認知症の発症を防ぐ可能性が高まります。【解説】今野裕之(ブレインケアクリニック)


医師監修【脳トレ】 反転文字を読み取れ

医師監修【脳トレ】 反転文字を読み取れ

反転した文字を読み取り、書いてある言葉を正しく書きましょう。【監修】今野裕之(ブレインケアクリニック)


医師監修【脳トレ】 共通文字入れクイズ

医師監修【脳トレ】 共通文字入れクイズ

空いているマスには同じ文字が入ります。文字を当てはめて、単語を完成させましょう。【監修】今野裕之(ブレインケアクリニック)


【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

【食べる甘酒】20kgやせた、抜け毛が減った!糖尿病、認知症も撃退する「生甘酒」の効果

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、腸内環境を改善する、ノンアルコールの食べ物です。生甘酒は、酵素やビタミンの宝庫であり、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖など、現代人が不足しがちな栄養素まで補給できます。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング