【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

最近食べ始めたのが、「納豆スープ」です。更年期には女性ホルモン様の作用がある大豆イソフラボンがいいと聞いていましたし、もともと納豆は好きで冷蔵庫にいつもありました。そういうこともあって、軽い気持ちで始めたのです。驚いたのは、始めた翌日から便秘が解消したことです。【体験談】佐々木美奈(40歳・主婦・北海道)


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

【糖尿病が改善】10.6%のHbA1cが7%間近!玉ねぎスープで便秘も改善し5kg減

2016年の4月に受けた健康診断で、血糖値が高いことがわかりました。過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標であるヘモグロビンA1cが、10.6%もあったのです。医師からは、服薬とインスリン注射を併用するよう勧められましたが、インスリン注射は極力避けたいと思いました。【体験談】岡崎久江(仮名・静岡県・35歳主婦) 


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。1度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【過敏性腸症候群】は3タイプ 下痢型・便秘型・交互型に効果を発揮「1円玉療法」

【過敏性腸症候群】は3タイプ 下痢型・便秘型・交互型に効果を発揮「1円玉療法」

朝の通勤時間に男性用トイレをのぞいてみると、なぜか”個室“のほうが、いつも満員になっています。これなどは、精神的ストレスの影響で、サラリーマンに過敏性腸症候群が増えている一つの兆候といえるでしょう。過敏性腸症候群には三つのタイプがあります。下痢型、便秘型、交互型の三つです。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

【生理痛・月経過多が改善】おりものの量が減った!女医考案「おまたカイロ」初公開

冷えが子宮に大きな影響を与えることに気づいたのは医学部に入学してから。手足の冷えやおなかの冷え、さまざまな冷えが重なり子宮を冷やすのです。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、不妊、これらすべての根源は子宮の冷えが原因と言っても過言ではありません。生理痛や月経過多もそうです。【解説】駒形依子(こまがた医院院長・産婦人科医)


【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果を発揮!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

北島家のタマネギ熱に火がついたのは、おそらく2011年ごろだったと思います。当時、加熱したタマネギをペースト状にして凍らせた物を、さまざまな料理に使う健康法が、ブームになっていたのです。もともとタマネギが好きだった北島家の女性陣は、この食べ方を気に入り、早速とり入れました。【体験談】北山たけし(歌手)


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【やり方】座骨神経痛がその場で解消!ダイエットや性力アップの効果が期待できる「かかとテープ」

【やり方】座骨神経痛がその場で解消!ダイエットや性力アップの効果が期待できる「かかとテープ」

かかとテープは、左右のかかとにキネシオテープを貼るという、とても簡単な健康法です。長時間のウォーキングやジョギングをしなくても、かかとテープを貼ったまま、日常動作をしたり、散歩などの軽い運動をしたりするだけで、ふくらはぎや太ももの筋肉をはじめ全身の筋肉が強化できます。【解説】蘆原紀昭(元恒進會病院院長・加圧治療院院長)


【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

【脂肪肝の改善】LDLコレステロール値が減少!「γ‐オリザノール」は玄米甘酒で摂取が効率的

玄米が優れた健康食であることには、誰も異論はないでしょう。実際に玄米食を実践し、健康効果を実感されているかたも多いのではないでしょうか。私が勤める琉球大学医学部附属病院では、糖尿病や肥満、脂肪肝、脂質異常症などの患者さんに玄米食を勧め、大きな成果を上げています。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。【解説者】平地治美(和光治療院・漢方薬局代表)


子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。1年前には200mg/dlまで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。【体験談】白石真紀(看護師・40歳)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)