食道・気管支炎・肺炎

食道・気管支炎・肺炎

食道炎は、食道の粘膜が炎症を起こし、びらんや潰瘍が見られるものを指します。気管支炎とは、気管支に炎症があり、セキやタンなどの呼吸器症状を引きおこす病気の総称です。喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などが挙げられます。肺炎とは、細菌やウイルスが肺に侵入したことで起こる炎症です。肺胞性肺炎と間質性肺炎に大別されます。このカテゴリは、食道炎、気管支炎、肺炎の原因と対策を紹介する記事一覧ページです。


食道・気管支炎・肺炎の健康情報一覧

【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

【名医解説】新しい喘息治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」とは

夜中のひどいセキ、運動で呼吸が息苦しくなったり……その症状は、ぜんそくかもしれません。2015年に保険適応となった新しい治療法「気管支サーモプラスティ(BT)治療」についてお話を伺いました。【解説】峯下昌道(聖マリアンナ医科大学病院副院長 呼吸器内科部長)【取材・文】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

【喘息・COPD対策】呼吸器を鍛える「口すぼめ呼吸」と咳を抑える「ハチミツコーヒー」

ぜんそくやCOPDなどの症状があり、呼吸器の機能が慢性的に低下した人には、「口すぼめ呼吸」をお勧めします。また、ハチミツには抗炎症作用があり、薬よりもセキ止めに効果的という医学論文が多数あります。コーヒーはカフェインに気管支拡張作用がありぜんそくの発症リスクを低減するそうです。【解説】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

【逆流性食道炎】咳や痰が出る 息苦しさをツボ刺激で改善 胸ほぐしマッサージ

長く続くセキや息苦しさなど、今ある苦しい状態をすぐに緩和させたいとき、胸ほぐしマッサージはとても役立ちます。息苦しい、咳や痰が止まらないなどの症状が現れたときに、ぜひ実践してみてください。【解説者】芝山豊和(芝山鍼灸整骨院院長)


【体験談】逆流性食道炎 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 症状を抑える薬も不要に

【体験談】逆流性食道炎 食後の吐き気が"1円玉療法"で改善 症状を抑える薬も不要に

一生飲み続けるだろうと思っていた逆流性食道炎の薬を、足に1円玉をはってわずか2週間でやめることができました。私が逆流性食道炎になったのは、8年前の66歳のときです。当時は主人の病気が見つかったり、人間関係のゴタゴタなどが重なり、そうしたストレスにやられたのかもしれません。【体験談】夏木美穂(仮名・主婦・74歳 )


間質性肺炎による呼吸困難、咳、痰の症状が改善した、私の健康法はこれ

間質性肺炎による呼吸困難、咳、痰の症状が改善した、私の健康法はこれ

以前は、坂道や階段を上ると、息が切れて一苦労でした。しかし現在、呼吸が楽になったおかげで、坂道をスタスタと上れます。私自身の経験から、笑いヨガは、肺の訓練になる優れた有酸素運動だと思います。【体験談】吉武康之(神奈川県・72歳・元歯科医師)


 【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

【誤嚥性肺炎の予防に】喉仏の位置を上げる「飲みこむ力を鍛える」筋トレ

現在も肺炎による死亡者数の増加の勢いは増すばかりです。その肺炎が死亡原因となった人のうち、75歳以上の高齢者の実に7割以上を占めるのが、「誤嚥性肺炎」です。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

逆流性食道炎、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

自分でできる「誤嚥性肺炎」の予防とケア 原因は歯周病菌と喉の筋力の衰え

高齢者や入院患者の死因の多くを占める誤嚥性肺炎にも、歯周病が深く関係しています。誤嚥性肺炎とは、食物を食道にスムーズに送る嚥下反射や、異物が気道に入るのを防ぐセキ反射の機能が低下し、食物や異物、細菌などが気道に入って起こる肺炎です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング