股関節の痛み

股関節の痛み

股関節は鼠径部(足の付け根)にあるので、最初は、立ち上がる際や歩き始めに、足の付け根に痛みを感じます。股関節症が進行すると、頭痛や肩こりなど全身の不調につながっていきます。適切な運動療法やストレッチで改善することもあります。保存療法で症状が取れない場合は、手術療法となります。関節の変形がすすんでいる場合は、人工股関節手術の適応となります。

股関節の痛みに関連するキーワード

股関節痛の治し方
>>股関節の痛みに関連するキーワード一覧

股関節の痛みの健康情報一覧

【股関節の名医】長時間歩くと疲れる、痛みが出るを解決!30代40代から身につけたい「正しい歩き方」

【股関節の名医】長時間歩くと疲れる、痛みが出るを解決!30代40代から身につけたい「正しい歩き方」

ここで紹介する、「グッド歩行」という歩き方は、私のクリニックで人工股関節の手術を受けた患者さんのリハビリ用として取り入れたものです。もともと術後の患者さんを対象としたものですから、ほとんどのかたにとって負担は少ないと思います。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【変形性股関節症】痛くて歩けない!が改善 腰痛も治った「かかと落とし」の効果

【変形性股関節症】痛くて歩けない!が改善 腰痛も治った「かかと落とし」の効果

足が痛み、整形外科を受診したところ、先天性の「臼蓋形成不全」による変形性股関節症と診断されました。臼蓋形成不全とは、大腿骨の骨頭が、骨盤側のくぼみに、うまくはまっていない状態だそうです。そんな時、教えていただいたのが、かかとに体重をかけることを重視した歩き方でした。【体験談】塩原まゆみ(仮名・東京都・46歳会社員)


痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】大腿骨頭ってどこの骨? 股関節の痛みと最新手術

痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】大腿骨頭ってどこの骨? 股関節の痛みと最新手術

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【変形性股関節症】原因は「筋・筋膜症候群」が多い!お尻と太もものコリをほぐせば改善する!

【変形性股関節症】原因は「筋・筋膜症候群」が多い!お尻と太もものコリをほぐせば改善する!

「筋・筋膜症候群」という病気をご存じですか。ケガや疲労などが原因で筋肉が硬くなって縮み、痛む、筋肉の病気です。硬く縮んだ筋肉内にたまったセロトニンなどが発痛物質となり、痛みを引き起こします。日本では、筋肉の病気は、まだほとんど知られていません。【解説】松本正彦(松本深圧院グループ代表・理学療法士) 


【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや炎症を起こす病気で、進行を遅らせるには、関節に負担をかけないことが大変重要です。私たちは、関節に負荷がかかる運動療法は行わず、減量する、杖をつく、歩行量を減らすことなどを推奨してきました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

貧乏ゆすりは、「関節に負担をかけない持続的な摩擦運動は、軟骨の再生を促す」という実験結果に基づいた運動療法です。実際に、変形性股関節症などの股関節の手術前、手術後、病期、年齢などに関係なく、軟骨の再生に大変効果があることがわかっています。【指導】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


股関節痛や腰痛は 相撲の「腰割り」で解消 ヒップアップ効果もある

股関節痛や腰痛は 相撲の「腰割り」で解消 ヒップアップ効果もある

私が腰割りに着目したきっかけは、「骨盤の後傾」という点にあります。現代人は骨盤が後ろに傾いている人が多く、それが全身のさまざまな痛みや障害の要因にもなっているのです。股関節痛のみならず、ひざ痛や腰痛、肩こりなども、骨盤の後傾からきている場合が少なくありません。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


股関節痛や腰痛、ひざ痛の解消!ダイエット効果もある「腰割り」のやり方

股関節痛や腰痛、ひざ痛の解消!ダイエット効果もある「腰割り」のやり方

私がお勧めしている腰割りは、イスに座って行う方法と、立って行う方法の2つがあります。体力に自信のない人、普段、運動をあまりしていない人は、イスに座った腰割りでも十分効果が望めます。まずは、イスに座った腰割りから始めてみましょう。どちらの場合も大切なのは「骨盤を立てて行うこと」です。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【イラスト解説】股関節症のリハビリに有効な「ノルディックウォーク」のやり方

【イラスト解説】股関節症のリハビリに有効な「ノルディックウォーク」のやり方

変形性股関節症の人が、歩行障害の改善(リハビリ)を目的に「ノルディック・ウオーク」を行う場合、本来は、医師や専門家の指導を受けることが理想です。ここでは、杖をつきながらでも1日3000歩程度は歩ける、軽度~中程度の股関節症の人向けに、やり方を説明します。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


クセになるまで「貧乏ゆすり」をしたら ― 変形性股関節症が大改善した人が続出

クセになるまで「貧乏ゆすり」をしたら ― 変形性股関節症が大改善した人が続出

変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

【風船つぶし】で内転筋を鍛えると ― 骨盤が締まって痩せる!ネコ背、ひざ痛も改善する!

関節の曲げ伸ばしは、骨についている筋肉の動きによって行われます。この筋力が衰えてしまうと、関節の動きが思うようにいかなくなります。硬くなり、動かしにくくなった体に柔軟性を取り戻すには、衰えていた筋肉を無理なく鍛えることが大切なのです。股関節の衰えを予防する運動をご紹介します。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

私は、変形性股関節症の患者さんたちに対して、股関節に過度な負荷をかけない生活を送りながら、痛みや歩行能力の改善を促す、保存療法に取り組んでいます。手術療法を否定するつもりはありませんが、必ずしも手術に頼らなくても、保存療法で股関節の機能を十分再建できると考えています。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

【名医の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【股関節の痛み】がすぐ分かる 違和感、音が鳴る 原因と症状、治療法のチェックリスト

【股関節の痛み】がすぐ分かる 違和感、音が鳴る 原因と症状、治療法のチェックリスト

股関節は、人体で最も大きな関節で、体重を支える重要な役目をしています。その股関節のトラブルの代表が、「股関節痛」です。股関節の痛みの多くは「変形性股関節症」という病気によって起こり、進行すると、日常生活の支障が大きくなります。【解説】高平尚伸(北里大学医療衛生学部教授) 


変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


【医師の解説】変形性股関節症は「貧乏ゆすり」で治せる!人工股関節の手術も回避できる!

【医師の解説】変形性股関節症は「貧乏ゆすり」で治せる!人工股関節の手術も回避できる!

変形性股関節症の治療に、貧乏ゆすりを取り入れた場合、その軟骨の再生の変化を、レントゲン写真ではっきりと確認することができます。ここでは、そんな症例をいくつかご紹介しましょう。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長) 


鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

鍼灸師がこっそり教える【即効】指のまた刺激ーどこをどうやって?

指のまた刺激で効果が期待できる主な症状は、血行改善、高血圧、呼吸器の不調、心疾患、冷え症、 便秘などがあります。そのほか、刺激する場所によってですが、首こり・肩こり、股関節痛には即効性があります。その理由を説明しましょう。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


ランキング


>>総合人気ランキング