高血圧

高血圧

高血圧とは、血管に過度な圧力がかかっている状態を指します。食生活の欧米化や高齢化に伴い、患者数は増加傾向で、日本人の3人に1人が高血圧だともいわれています。高血圧の状態が長く続くと、心臓はしだいに肥大し、血液を全身に送り出す機能が低下、脳の血管が破裂して脳出血を起こすリスクも高まります。そんな「国民病」ともいえる高血圧の改善に役立つ記事の一覧ページです。

高血圧に関連するキーワード

高血圧を治す 心不全とは
>>高血圧に関連するキーワード一覧

高血圧の健康情報一覧

【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

酢には多くの健康効果がありますが、その代表的なものが血圧の降下作用でしょ う。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわる「レニン・アンジオテンシン 系」というホルモンの調節機構を、緩やかに抑制するのです。ぜひ、酢納豆にして、健康効果を高めてください。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

【動脈硬化が改善】治療に役立つ食べ物「RAP食」生甘酒を加えると効果大

私は、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、そして、脳梗塞や心筋梗塞などによる突然死を防ぐため、皆さんに勧めている食事療法があります。それが、「RAP食」です。最近私がRAP食に加えた食品の一つが、生甘酒です。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【「薬やめる科」医師解説】その薬、本当に必要?降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

【「薬やめる科」医師解説】その薬、本当に必要?降圧剤の副作用と無駄な薬の減らし方

降圧剤には、そのほかに肝障害、黄疸、頭痛、めまい、ふらつき、動悸、心不全、むくみ、貧血、歯茎の腫れなど、さまざまな副作用があります。私は、薬が全く必要ないとはいいません。ただし、無駄な薬の処方や、過剰な薬の処方が、体にとって毒になることを、知ってほしいと思います。【解説者】松田史彦(松田医院和漢堂院長)


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

「耳の下もみ」は文字どおり、耳の下をもんでマッサージする健康法です。歯周病だけでなく、生活習慣病の予防・改善などに効果的ですが、高血圧の解消に特に効果を上げています。では、なぜ、耳の下もみが高血圧の予防・改善に役立つのでしょうか。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)


真夜中の激痛【こむら返り】対策は「オクラ水」が効果 動脈硬化も高血圧も改善!

真夜中の激痛【こむら返り】対策は「オクラ水」が効果 動脈硬化も高血圧も改善!

私がこむら返りに悩むようになったのは、2016年の夏ごろでした。日中だけでなく、就寝中も急に足の激痛に襲われるのです。検査を受けたところPWV(動脈硬化の度合いを測る指数)が、なんと1800PWV近くもあったのです。動脈硬化を改善する食事指導を受け、オクラ水も始めたのです。【体験談】森野茂(大阪府・53歳・会社員) 


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【黒ニンニク】抗酸化力は生の28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果大

【黒ニンニク】抗酸化力は生の28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果大

報道によると、往年の名俳優、宝田明さんは、59歳のときに狭心症で倒れて一命をとりとめたそうです。その宝田さんが健康のために食べているのが黒ニンニク。80歳になる今も、狭心症が再発することなく、むしろパワーがみなぎっているそうです。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【高血圧に良い食べ物】予防にも改善にも効果のある食品は「ニンニク」

【高血圧に良い食べ物】予防にも改善にも効果のある食品は「ニンニク」

高血圧を予防・解消対策には、食事に気を配ることが大切です。私がセンター長を務める病院には、アンチエイジングの外来があります。ここでは、患者さんのために、血管を若く保つ指導を行っていますが、そこでお勧めする食品の筆頭がニンニクです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院医学系研究科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

【医師解説】高血圧の原因は塩分ではない!真の原因は「血管プラーク」

高血圧の原因のほとんどは、血管にたまったプラークです。たまったプラークは、時間の経過により石灰化し、動脈硬化が進行していきます。血管が狭く細くなると、血流の勢いを保つ必要が生じ、心臓が血圧を上げ高血圧を引き起こします。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

私が提唱している「腕振り健康法」は、ダイエットからアンチエイジング、関節痛まで幅広い健康効果をもたらす健康法です。特に高血圧をはじめとする生活習慣病については、大変有効であると判明しています。高血圧に腕振りが大きく作用するのは、血管の若返り効果が発揮されるからです。【解説】金城実(医学博士・日本予防医療協会代表理事)


【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

【医師解説】高血圧対策に心がけたい生活習慣 ― 塩分は控えた方がいい?早朝と就寝時の血圧は?

私は「睡眠時の血圧を下げることこそが、健康長寿のカギである」と考えています。その対策について、お話ししましょう。高血圧患者の多くは、原因不明の「本態性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどはストレスであると考えています。また、朝食も重要です。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【疲労回復のツボ】腎臓をもんで明日に疲れを残さない!「腎マッサージ」のやり方

【疲労回復のツボ】腎臓をもんで明日に疲れを残さない!「腎マッサージ」のやり方

腎臓が疲れて働けなくなると、老廃物が排出されずに血液に残るため、ドロドロの血液になります。ドロドロの血液を全身に送り出すために、血圧は必然的に上がります。そこで、セルフケアとして考案し、勧めているのが「腎マッサージ」です。【解説】寺林陽介(六本木・寺林治療院院長)


【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

【高血圧対策の新常識】血圧を下げる食事療法「RAP食」 食べ物を選ぶときのポイント

「高血圧対策といえば減塩食」というのが常識となった今、「制限すべきは塩分ではなく脂質」と独自の理論を唱え、食事療法により血管状態の改善に成果を上げているクリニックがあります。ここでは、その食事指導の概要を紹介します。ぜひご家庭でも実践し、血管の若返りに役立ててください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

【日本初】外来で「嗜好品」を医師が勧める!?患者の人気NO.1はチョコレート

私の勤務する戸田中央総合病院の「嗜好品外来」は、実際に体によいというエビデンス(科学的な根拠)があり、安全性が確認されている嗜好品を患者さんの症状や必要性に応じて勧めています。なかでも患者さんに好評なのがチョコレート。血圧を改善する効果があります。【解説】椎名一紀(戸田中央総合病院心臓血管センター内科・嗜好品外来医師)


【シナモン(桂皮)の効能】毛細血管を若返らせ血圧を下げる作用 メタボにも効果あり

【シナモン(桂皮)の効能】毛細血管を若返らせ血圧を下げる作用 メタボにも効果あり

シナモンに毛細血管の老化や障害を抑制する作用があることを突き止めました。滞った血流を回復させ、血圧を下げる効果が期待できます。また、血糖値を下げる効果があることも確認されています。内臓脂肪型の肥満で、高血圧や高血糖、脂質異常症を合併しているメタボの方にお勧めです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物研究所情報伝達分野教授)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【高血圧を改善】1日10回ティッシュを噛むだけ!血圧を下げるトレーニング

【高血圧を改善】1日10回ティッシュを噛むだけ!血圧を下げるトレーニング

偏った噛み方をしていると、常に使っている歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。この噛み合わせの異常から、さまざまな支障が生じるのです。噛みグセを治せば、原因不明の高血圧だけでなく、耳鳴りや難聴、めまいなど多くの症状が解消します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング