高血圧を改善する健康法

高血圧とは、血管に過度な圧力がかかっている状態を指します。食生活の欧米化や高齢化に伴い、患者数は増加傾向で、日本人の3人に1人が高血圧だともいわれています。高血圧の状態が長く続くと、心臓はしだいに肥大し、血液を全身に送り出す機能が低下、脳の血管が破裂して脳出血を起こすリスクも高まります。このページでは、高血圧を改善する健康法を紹介します。


高血圧を改善する健康法の健康情報一覧

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

「耳の下もみ」は文字どおり、耳の下をもんでマッサージする健康法です。歯周病だけでなく、生活習慣病の予防・改善などに効果的ですが、高血圧の解消に特に効果を上げています。では、なぜ、耳の下もみが高血圧の予防・改善に役立つのでしょうか。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

【血圧を下げる】「アンパンマン」のリズムで腕を振ると血管が若返る!痩せるってホント?

私が提唱している「腕振り健康法」は、ダイエットからアンチエイジング、関節痛まで幅広い健康効果をもたらす健康法です。特に高血圧をはじめとする生活習慣病については、大変有効であると判明しています。高血圧に腕振りが大きく作用するのは、血管の若返り効果が発揮されるからです。【解説】金城実(医学博士・日本予防医療協会代表理事)


幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

幸せホルモン【オキシトシン】分泌のコツ ストレス対策に 血圧を下げる効果も

オキシトシンは、幸せな気分を高めるセロトニンや、やる気が出るドーパミンなどのホルモンの分泌を促します。最近の研究では、オキシトシンが直接血管に作用して血圧を下げることも判明しています。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長/アメリカ・ウィスコンシン医科大学教授)


【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する"ふくらはぎマッサージ"のやり方

【血管年齢が若返る】動脈硬化の症状が改善する"ふくらはぎマッサージ"のやり方

血液は体内で絶えず循環し、私たちが生きていくうえで重要な働きをしています。心臓から送り出された血液は、動脈によって栄養分と酸素が体の隅々に運ばれます。体の隅々に栄養分と酸素が行き渡ると、静脈によって老廃物などが回収され、血液は心臓に戻ります。【解説】高沢謙二(東京医科大学循環器内科教授)


自律神経の乱れが整い緊張が取れる【15回深呼吸】190ミリの血圧が130ミリに下がった人も

自律神経の乱れが整い緊張が取れる【15回深呼吸】190ミリの血圧が130ミリに下がった人も

血圧は、さまざまな要因で大きく変動するものです。なかでも、意外に大きいのが、心理的要因です。医療機関で血圧を測るとき、血圧が上がってしまう現象を、「白衣現象」と呼びます。高血圧のかたにも、この白衣現象があります。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学准教授)


【すぐ効く】自律神経を整え血圧を下げる!患者に勧めて評判の「降圧呼吸」

【すぐ効く】自律神経を整え血圧を下げる!患者に勧めて評判の「降圧呼吸」

私のところを訪れる患者さんたちは、もともと、高血圧など内科の病気を抱えています。その患者さんに、一般的な緊張性の頭痛、肩こり、五十肩などの症状がある場合、私は問診しながら、患者さんの合谷を押しもみします。すると、その患者さんの症状が、劇的に改善するのです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科准教授)


【降圧剤】高血圧、糖尿病、不整脈が治り薬が不要に 鼻づまりや片頭痛も解消

【降圧剤】高血圧、糖尿病、不整脈が治り薬が不要に 鼻づまりや片頭痛も解消

Kさんは、1996年から高血圧の治療のため降圧剤(血圧を下げる薬)を服用していました。薬を飲んでいても、最大血圧は170〜180㎜Hgになることがありました(最大血圧の正常値は130㎜Hg未満)。【症例報告】沼田光生(海風診療所院長・周南病院理事長)


【医師の体験談】200ミリもあった高血圧が「グーパー体操」で正常化した私

【医師の体験談】200ミリもあった高血圧が「グーパー体操」で正常化した私

健康診断で「血圧が高い」と言われ、内科に行ったら降圧剤を処方された。以来、ずっと薬を飲んでいる……皆さんの中にも、こういうかたは少なくないのではないでしょうか?【解説】村田高明(元慶應義塾大学医学部講師)


【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

私のクリニックでは温熱療法を取り入れています。体が温かくなると自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群や線維筋痛症などの難病に至るまで治療効果が現れます【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所院長)


【専門医直伝】手の「降圧ツボ」をもんだら その場で血圧が下がる例が続出

【専門医直伝】手の「降圧ツボ」をもんだら その場で血圧が下がる例が続出

私が、高血圧などの患者さんに勧めて大変好評を得ているのが「合谷指圧」です。親指と人差し指の骨のつけ根にある合谷というツボとその周囲をもみほぐすというシンプルな指圧法です。合谷との出会いは、今から27年ほど前。私がひどい歯痛に襲われたときのことです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター内科教授)


【医師の明快解説】ストレスを解消し血圧が下がる「頭皮マッサージ」のやり方

【医師の明快解説】ストレスを解消し血圧が下がる「頭皮マッサージ」のやり方

東洋医学では、あらゆる慢性疾患は体のバランスの乱れとともに発症し、進行すると考えられています。そのバランスの乱れを、バランスの取れた中庸の状態に戻すことが、基本的な治療方針なのです。【解説】加藤直哉(健康増進クリニック副院長)


【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

【便秘やめまいが改善】34の症状に対応した「症状別ふくらはぎのもみ方」

健康な人のふくらはぎは、つきたてのおもちのように、温かくてやわらかく、弾力があります。一方、体に何らかの不調がある人は、それがさまざまな形で、ふくらはぎの状態に現れることがしばしばあります。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法 タオ テクニカルアドバイザー)


【血圧を下げる】タマネギの健康効果、一日にどのくらい食べればいい?

【血圧を下げる】タマネギの健康効果、一日にどのくらい食べればいい?

私はこれまで、さまざまな食品の効能を研究してきました。その中で出会ったのがタマネギです。私が行ったマウス(実験用のネズミ)を使った実験では、タマネギに血圧を下げる働きがあることを確認しました。【解説】斎藤嘉美(介護老人保健施設 むくげのいえ 施設長 元東京大学医学部講師)


【薬漬けの弊害】「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がる

【薬漬けの弊害】「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

「早歩き」と「ゆっくり歩き」を交互に繰り返すと、なぜ痩せるのか?

私が考案した「インターバル速歩」がNHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。それ以来、何度かテレビで紹介されているので、ご存じのかたもいらっしゃるでしょう。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

【血圧が高め160~170】首のココを押すと血圧が下がる 降圧剤の副作用も回避

首のスジを押し、体を温めて、首の後ろのコリを解消することで、さまざまな病気や病状が治ります。首のスジを押すことは、高血圧を改善するのにも威力を発揮します。私は、これまで患者さんに実際に試して、多くの人の血圧が下がった例を見てきました。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

【大学教授の健康法】私の血圧が下がったのは「インターバル速歩」のおかげ

私は、70歳を迎えたころから、最大血圧が160mmHgを超えてしまいました。血圧には前科があり、これまで何度か高血圧を指摘されたことがあります。【解説】西條一止(筑波技術短期大学元学長・筑波技術大学名誉教授)


【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

【医師取材】湯たんぽで二の腕を温めると〇〇が下がる――知ってましたか?

私のクリニックには、複数の医療機関を受診しても病気や症状が改善しなかった人たちが、多く訪れます。こうした患者さんを診察すると、決まって体が冷えています。そこで、私は、どんな病気の患者さんに対しても、まずは体の冷えを取ることを勧めています。【解説】班目健夫(日本自律神経免疫治療研究会理事・青山・まだらめクリニック院長) 


【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

これまで1700人に上る患者さんの24時間血圧を測定してきて、私は「日中の活動時の血圧ではなく、睡眠時の血圧が高いことが問題である」という結論に至りました。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング