首の痛み・肩こり

首の痛み・肩こり

首の痛みの改善に役立つ記事を紹介します。記事の解説は医学部教授、医師、治療家など信頼の置ける専門家です。首の痛みはおよそ7割の人が経験するといわれるほどよくみられる症状です。首の骨(頸椎)は6~8kgもある頭を支えており、日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって頚椎そのものも老化していきます。老化によって頚椎がすり減ったり、椎間板の変形によって慢性的な痛みやしびれが起こったりします。

首の痛み・肩こりに関連するキーワード

首のこり 肩のこり
>>首の痛み・肩こりに関連するキーワード一覧

首の痛み・肩こりの健康情報一覧

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

患者さんが自分で体を温めるのは簡単ですが、筋肉のこりをほぐすのは容易ではありません。しかも、首のこりを解消するのは、コツを知らなければ、極めて難しいのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


首の痛みが「ひじ湯」で治った! 寝違えや腕の疲れにも有効

首の痛みが「ひじ湯」で治った! 寝違えや腕の疲れにも有効

ひじを温めると体によい効果がある︱私が最初にそれを実感したのは、自分自身の経験からでした。実は私は、25歳のときに舌がんを患い、舌の一部とともに、転移が見つかった首のリンパ節の切除手術を受けています。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【首の痛みに著効】寝るだけで不眠、肩こり、めまいに効く 1日5分のタオル枕

【首の痛みに著効】寝るだけで不眠、肩こり、めまいに効く 1日5分のタオル枕

背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)


首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

私の治療院に、首のトラブルで来院する人のほとんどに、ストレートネックという症状があります。ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎(首の骨)が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

体の健康維持のために、昔からいわれているのは「睡眠(休息)」「栄養バランスのよい食事」「運動」です。【解説】三井 弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


押しもみ危険!【首のこり】は意外な場所をほぐせ

押しもみ危険!【首のこり】は意外な場所をほぐせ

首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【専門医が厳選】首や肩のコリを防ぐ食品はこれ!

【専門医が厳選】首や肩のコリを防ぐ食品はこれ!

慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野 浩(ヒロ整形クリニック院長)


【ほぐすのは首じゃない!】原因不明の首・肩の痛み――1日3分ココをほぐせば良い

【ほぐすのは首じゃない!】原因不明の首・肩の痛み――1日3分ココをほぐせば良い

昨年の秋ごろ、突然右の首から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。【体験談】三戸雪子(仮名・会社員・56歳)


首の痛み、脊柱管狭窄症にも効く「中指もみ」 がすごい

首の痛み、脊柱管狭窄症にも効く「中指もみ」 がすごい

頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも。これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法「中指もみ」をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【医師解説】首の痛み 原因は頸椎の圧迫、スマホ首「あおむけゴロ寝」で治す

【医師解説】首の痛み 原因は頸椎の圧迫、スマホ首「あおむけゴロ寝」で治す

パソコンやスマートフォンによる「スマホ首」の痛みは、主として頸椎の「S字カーブ」が変形することから起こります。正常な頸椎は、横から見るとはっきりしたS字形になっています。ところが、なんらかの理由でこのS字カーブが変形すると、周囲の血管や神経網を圧迫するのです。【解説】三井 弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

【名医に聞く】脳脊髄液減少症ーブラッドパッチ療法で約7割が改善 症状と治療法を解説

交通事故や転倒、スポーツなどで首や腰に衝撃を受けたことがあり、その後、頭痛やめまい、首の痛み、耳鳴り、体のだるさといった症状が続いている……。もし思い当たるようなら、「脳脊髄液減少症」という病気かもしれません。【解説】篠永正道(国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科教授)、【取材】医療ジャーナリスト 山本 太郎


ランキング


>>総合人気ランキング