首の痛み・肩こり

首の痛み・肩こり

首の痛みの改善に役立つ記事を紹介します。記事の解説は医学部教授、医師、治療家など信頼の置ける専門家です。首の痛みはおよそ7割の人が経験するといわれるほどよくみられる症状です。首の骨(頸椎)は6~8kgもある頭を支えており、日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって頚椎そのものも老化していきます。老化によって頚椎がすり減ったり、椎間板の変形によって慢性的な痛みやしびれが起こったりします。

首の痛み・肩こりに関連するキーワード

首のこり 肩のこり
>>首の痛み・肩こりに関連するキーワード一覧

首の痛み・肩こりの健康情報一覧

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

首が痛い人【頚椎症】の「枕選び」 首を反らす枕や、低い枕にご注意!

最近は、首に当たる部分が隆起し、後頭部が下がる形の枕がふえています。これは、健康な人ならよいのですが、頸椎症の人、なかでも頸椎症性神経根症などの人が使うと、神経の圧迫を強くして症状を悪化させるおそれがあります。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

合谷指圧の効果はたいへん幅広いのですが、中でも劇的に治りやすいのが五十肩です。五十肩で「腕が上がらない」、あるいは「後ろに回せない」という患者さんに、私は診療でよく出会います。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

あぐらをかくと、股関節の角度が狭くなって骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まってきます。あぐらをかくのは短めにしましょう。お尻の下だけに、クッションや半分に折った座布団を敷くと「正座イス」のようにお尻が持ち上がって骨盤が後ろに倒れにくくなるのでお試し下さい。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【どちらのタイプ?】鎖骨をもむと「肩こり」が改善する理由 ダイエットにも効果!

【どちらのタイプ?】鎖骨をもむと「肩こり」が改善する理由 ダイエットにも効果!

鎖骨の下には血管やリンパ管、神経が通っています。鎖骨が筋肉に貼りつくと、これらが圧迫されて血液やリンパ液の流れが悪くなります。その結果、老廃物がたまります。鎖骨は運動不足や悪い姿勢、甘い物のとり過ぎ、肺の病気などでも癒着が起こります。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


PC作業が原因の【首こり・肩こり】この工夫で解消できる

PC作業が原因の【首こり・肩こり】この工夫で解消できる

目線が上を向くと、疲れる原因になります。下を向きすぎるとネコ背になりがちになります。そこで、パソコン画面の上端がだいたい目の高さにくるようにします。なお、首の負担という観点からは、基本的にノートパソコンは好ましくありません。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【頚椎体操(3)】首の痛み、腕のしびれを取る「首伸ばし」

【頚椎体操(3)】首の痛み、腕のしびれを取る「首伸ばし」

首伸ばしは、頭を下げて首に力を入れなくてよい体勢で行います。頭の重さを取り去って行うので、効果が得やすくなります。そして、自分の頭の重さを利用して頸椎の間を自然に広げたあと、自分の手で無理のない範囲にそっと頭を押して、さらに広げます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

「タッチングケア」とは、自分の手で、自分の体を優しく触れることで、症状を改善したり、ストレスを緩めたりする新しいセルフケア法です。軽く、リズムを取りながら触れるのがコツです。急増中の「スマホ肩コリ・首コリ」もタッチングケアによって解消させることができます。【解説】外尾幸恵(看護師・日本タッチングケア協会代表理事)


【首や腰が痛くなる椅子】を自分で(簡単に)補正するには?

【首や腰が痛くなる椅子】を自分で(簡単に)補正するには?

首に負担をかける悪いイスを補正するには、「面」で支えられればベストです。面で支えるのが難しい場合は、少なくとも腰と背中の二点で支えるようにします。腰は骨盤(お尻)を支えます。背中は肩甲骨の下付近で、女性でいえばブラジャーのラインあたりです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【頚椎体操(2)】首の痛み、腕のしびれを取る「背骨ストレッチ」

【頚椎体操(2)】首の痛み、腕のしびれを取る「背骨ストレッチ」

「背骨のゆがみ」というと、一般に多くの人は左右のゆがみを気にします。つまり、左右の肩の高さの違い、頭の傾きなどです。それらの違いはせいぜい数mmから1cmあるかどうかです。ところが、横から見たときの「前後のゆがみ」は、左右とはけた違いに大きくなります。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【頚椎体操(1)】首の痛み、腕のしびれを取る「ゼロ筋トレ」

【頚椎体操(1)】首の痛み、腕のしびれを取る「ゼロ筋トレ」

首の痛みや腕のしびれ、肩こりなどを抱える人が、ご自分で行って症状を軽減・解消したり、悪化を予防したりできる体操を「頸椎エクササイズ」として紹介します。その中でも、とくに簡単で効果的なものを厳選して紹介しましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(整形外科医・竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【名医】首は意外と鈍感 ストレートネックが頚椎症(首の痛み)を引き起こす

【名医】首は意外と鈍感 ストレートネックが頚椎症(首の痛み)を引き起こす

ストレートネックという名前からは、「首が真っすぐになっている」というイメージだけを抱きがちですが、実は頭が前に出た姿勢が基盤になって起こっています。その分、首に大きな張力がかかり、負担を増していることを覚えておいてください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【車の運転】腰痛、首痛対策「姿勢とグッズ」ポイントはこの4点!

【車の運転】腰痛、首痛対策「姿勢とグッズ」ポイントはこの4点!

人によって、職種によっては、長時間とらざるを得ないのが、車の運転席での座り姿勢です。腰が痛い、首が痛い、そんな経験ありませんか。運転するときに、できるだけ腰や首への負担をへらすには、次の点に気をつけてください。痛みの改善、予防にお役立て下さい。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)