首の痛み・肩こり

首の痛み・肩こり

首の痛みの改善に役立つ記事を紹介します。記事の解説は医学部教授、医師、治療家など信頼の置ける専門家です。首の痛みはおよそ7割の人が経験するといわれるほどよくみられる症状です。首の骨(頸椎)は6~8kgもある頭を支えており、日ごろから大きな負担がかかりますが、加齢によって頚椎そのものも老化していきます。老化によって頚椎がすり減ったり、椎間板の変形によって慢性的な痛みやしびれが起こったりします。

首の痛み・肩こりに関連するキーワード

首のこり 肩のこり
>>首の痛み・肩こりに関連するキーワード一覧

首の痛み・肩こりの健康情報一覧

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

【自分で治せる】首のコリが原因の耳鳴りは「快聴ツボ」を押して改善できる!

首の後ろの「快聴ツボ」を押したら 10年来の耳鳴り消失!首のコリを引き起こしているのは、姿勢の悪化です。現代人はスマートフォンやパソコンを見ることが多く、いつも前かがみの姿勢になりがち。あごが前に突き出て、首の筋肉が慢性的に硬直しています。【解説者】本田哲朗(本田耳鼻咽喉科医院院長)


五十肩を改善する【手のもみ方】

五十肩を改善する【手のもみ方】

肩が上がらなくなるのが五十肩です。放置すると、肩関節周りの血流が悪くなって、治りにくくなります。肩と、背中の反射区をもむことで、筋肉がゆるみ、肩関節周辺の血行が促進されます。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


首の痛みを改善する【手のもみ方】

首の痛みを改善する【手のもみ方】

重い頭部を支えるため、首には7つの頸椎とそれらを支える多くの筋肉があります。筋肉が硬くなると頸椎の動きも悪くなり、痛みやだるさが発生します。首の痛みを解消する「手のもみ方」をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


【五十肩の改善】「腕の付け根をもむ」と腕が上がる!背すじが伸びる不思議

【五十肩の改善】「腕の付け根をもむ」と腕が上がる!背すじが伸びる不思議

五十肩の人は、肩を構成する肩甲下筋が腫れ、硬直していることが多いのです。大円筋を刺激すると、肩甲下筋のこわばりを緩めることができます。五十肩の人が、腕のつけ根もみをやると、その場で腕がスッと上がることもあります。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【医師考案】「症状のない場所」を揉んで筋の芯までほぐす!遠隔刺激のやり方

【医師考案】「症状のない場所」を揉んで筋の芯までほぐす!遠隔刺激のやり方

マッサージや指圧、湿布薬は、表層筋のコリをある程度緩和することができます。しかし、首や肩のコリはほとんど改善しないか、一度よくなっても、すぐにぶり返します。症状の出ている筋肉や腱に直接ふれず、遠隔刺激でコリをほぐして症状を改善するものです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【頭が痛い】慢性の肩こり、頭痛が改善 ウエスト10cm、体重も5kgやせたダイエット法

【頭が痛い】慢性の肩こり、頭痛が改善 ウエスト10cm、体重も5kgやせたダイエット法

私は仕事柄、重い荷物を持ち歩くため、肩こりとそれに伴う頭痛が慢性化していました。病院に通う時間もないので、湿布を貼ったり、鎮痛剤を飲んだりして、どうにか過ごしていたのです。「ピルビスエクサ」をしたところ、つらいむくみや肩こりに効果を感じたのです。【体験談】加藤仁美(32歳・ファイナンシャルプランナー・愛知県)


【肩こり・頭痛の即効ツボ】手の甲にあるツボを刺激するだけ 背中の張りもすぐ解消

【肩こり・頭痛の即効ツボ】手の甲にあるツボを刺激するだけ 背中の張りもすぐ解消

肩こりや五十肩でお悩みのかたは、たくさんおられるでしょう。また、肩こりに伴い、頭痛を併発しているかたも多く見受けられます。そこで今回は、手の甲のツボを押すだけで肩の痛みや頭痛が楽になる「手の甲の3点押し」を紹介します。【解説】橋本多聞(玄武堂鍼灸院総院長)


【体験談】強烈な肩こりと頭痛が「手の甲のツボ」3点押しで即効 楽になった実話

【体験談】強烈な肩こりと頭痛が「手の甲のツボ」3点押しで即効 楽になった実話

肩がパンパンに張ると、耳の後ろや後頭部にかけて、ズキズキと頭が痛みだします。そうなると仕事に集中できないので、痛み止めを飲むしかありません。頭痛薬を飲むと楽になるため、つい手を伸ばしてしまい、いつしか、週1回の頻度で薬に頼るようになってしまいました。【体験談】小川江梨子(仮名・大阪府・36歳・会社員 )


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

大学病院で検証【首のスジ】を押すと自律神経が整い胃腸の働きがよくなる

患者さんが自分で体を温めるのは簡単ですが、筋肉のこりをほぐすのは容易ではありません。しかも、首のこりを解消するのは、コツを知らなければ、極めて難しいのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


首の痛みが「ひじ湯」で治った! 寝違えや腕の疲れにも有効

首の痛みが「ひじ湯」で治った! 寝違えや腕の疲れにも有効

ひじを温めると体によい効果がある︱私が最初にそれを実感したのは、自分自身の経験からでした。実は私は、25歳のときに舌がんを患い、舌の一部とともに、転移が見つかった首のリンパ節の切除手術を受けています。【解説】松森有紀(整体サロン・リーラ院長)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

回転性の頭位めまい症の患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首凝り治療を指導します。原因がわからず、わらにもすがる思いで受診された患者さんにはストレートネックなど「首こり」が原因のことも。「首の3点もみ」でめまいを改善したケースをご紹介しましょう。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長)


【寝るだけ】タオル枕の作り方と使い方 首の痛みに効果 メニエール病のめまいにも効く

【寝るだけ】タオル枕の作り方と使い方 首の痛みに効果 メニエール病のめまいにも効く

背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)


首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

首の痛みはストレートネックが原因 対策は顔の【ココ】を押すこと

私の治療院へ、首のトラブルで来院される患者さんの多くは「ストレートネック」です。ストレートネックとは、首を前に出した姿勢を長年続けたことにより、緩やかなS字カーブを描くはずの頸椎(首の骨)が、真っ直ぐになってしまった状態です。スマホ首ともいわれています。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

医師解説【首の痛み】は「あお向け寝」と「エア縄跳び」で治る

体の健康維持のために、昔からいわれているのは「睡眠(休息)」「栄養バランスのよい食事」「運動」です。【解説】三井弘(三井弘整形外科・リウマチクリニック院長)


押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせが良い

押しもみ危険!【首のこり】つらい症状は意外な場所「肋骨」をほぐせが良い

首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


つらい【首のこり】を防ぎ治す食べ物はコレ 専門医が厳選

つらい【首のこり】を防ぎ治す食べ物はコレ 専門医が厳選

慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

悲しくなるほどの【首筋の痛み】肩の痛みも改善 原因は「肋骨のコリ」にあった

昨年の秋ごろ、突然右の首筋から肩にかけて痛みを感じるようになりました。首を右に傾けたり、首を右に向けたり……。そんな何気ない動きで、痛みが走るのです。最初は寝違えたのだろうと、軽く考えていました。【体験談】三戸雪子(仮名・会社員・56歳)


【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

【鍼灸師】首の痛み、頸椎脊柱管狭窄症が改善する「中指もみ」 の効果

頸椎の椎間板が変性・変形してしまう椎間板ヘルニアや、脊柱管と呼ばれる神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症などの病気によって、首に激痛が起こることも。これらすべての首の痛みに対して有効なセルフケアの方法「中指もみ」をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


ランキング


>>総合人気ランキング