免疫力の向上

免疫力の向上

免疫力とは、人間の体に本来備わっている「防衛機能」を指します。生活習慣が乱れたり、ストレスや疲労が蓄積されたりすることで、自律神経のバランスがくずれ、免疫力が落ちると言われています。このカテゴリは、免疫力の改善に役立つ記事の一覧ページです。


免疫力の向上の健康情報一覧

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

【免疫を高める方法】「般若心経」の写経が最適!病気の不安解消にもなると漢方医が大推奨

漢方薬の処方を個別に行うように、ストレスを軽減させる方法も、人によってさまざまです。ただ、「精神を安定させる」ことだけを目的とするならば、脳を休めることで達成できます。脳を休めるには、一つのことに集中するのが効果的です。余計なことを考えず、雑念を払うことで、脳が休まるのです。【解説】桜井竜生(漢方医)


【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

【医師解説】慢性疲労症候群が改善!免疫力向上には「肛門」を温めるとよい!

体が冷えると、血管が収縮し、交感神経が優勢になります。この状態が続くと、血流が悪くなり、免疫細胞である白血球の中のリンパ球が減少。免疫機能が低下します。つまり、自律神経の乱れが血流の悪化、免疫機能の低下を招くのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「ホットドリンク」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「ホットドリンク」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】(料理研究家・管理栄養士)


【免疫療法の権威】寝る前に肝臓を温めると免疫力向上!不眠に効果!肝炎患者にも勧める「温肝カイロ」

【免疫療法の権威】寝る前に肝臓を温めると免疫力向上!不眠に効果!肝炎患者にも勧める「温肝カイロ」

肝機能の低下で疲れやすくなったり、睡眠の質が落ちたりします。暴飲暴食や睡眠不足、運動不足、ストレスにより、肝臓の機能が損なわれてしまいます。肝臓の健康を保つには、乱れた生活習慣を改善することが大切ですが、それと並行して、お勧めしたいのが肝臓を温める「温肝カイロ」です。【解説】阿部博幸(アベ・腫瘍内科・クリニック理事長)


【免疫力を高める】ミカンの栄養は「焼く」とアップ!冬にたくさん食べれば、夏まで効果が持続する

【免疫力を高める】ミカンの栄養は「焼く」とアップ!冬にたくさん食べれば、夏まで効果が持続する

冷たいミカンはたくさん食べると体を冷やしますが、焼きミカンは体を温め食欲を増進させます。ミカンを焼いてもカリウムは失われないのでカゼ撃退にもお勧めです。特に注目したい成分が、ミカンに含まれるだいだい色の色素「βクリプトキサンチン」の健康効果です。【解説】今津嘉宏(芝大門いまづクリニック院長)


ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

ニンニクを熟成させて作る「黒ニンニク」 免疫力を高め、抗がん作用が強いと判明

黒いニンニクを一口食べたときの驚き!鼻を突くようなにおいはなく、甘みと適度な酸味があって、まるでフルーツのよう。ニンニクとはとても思えませんでした。ニンニクを長年研究してきた私にとっても、それは衝撃的な出合いでした。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

【医師解説】耳鳴り、めまい、うつ、イライラに効果 「鎖骨もみ」とは何か

現代人は、ストレスで身構えたり、スマートフォンやパソコンの操作で前かがみになったりすることから、特に鎖骨(胸の最上部にある骨)の周囲がかたくなる傾向にあります。鎖骨周りがかたくなって組織に癒着すると、全身にさまざまな影響が及びます。【解説】堀田由浩(統合医療希望クリニック院長)


【医師解説】免疫を高める「人参りんごジュース」は朝食置き換えがいい理由

【医師解説】免疫を高める「人参りんごジュース」は朝食置き換えがいい理由

私がニンジンリンゴジュースを勧める理由は2点あります。まず、液体なので、腸に負担をかけず栄養素を摂取できること。2点めは、ニンジンとリンゴが、ともに栄養価の高い食品であることです。ニンジンのカロテン、リンゴのポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。【解説】髙木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心神診療室院長)


【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

【免疫力がアップ】「ふくらはぎマッサージ」は高血圧や不眠症の改善に効果的

私たちが健康な毎日を送るのに欠かせないのが、スムーズな血液の流れです。血液は、摂取した栄養と酸素を動脈によって全身の細胞へと運び、老廃物や有害物質を静脈によって細胞から回収する働きをしています。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


脇の下で計る理想的な体温は37℃。では、そのとき内臓の温度は何℃?

脇の下で計る理想的な体温は37℃。では、そのとき内臓の温度は何℃?

体温を測ってみてください。36℃台前半〜35℃台現代の人が多いかと思います。特に最近は、美容や健康によいとされている生野菜と果物で作るドリンクなど、冷えた食べ物を取り過ぎて低体温に陥っている若い女性も多いようです。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


体温や免疫力をアップさせる「ショウガ」で肌も髪も若返る!

体温や免疫力をアップさせる「ショウガ」で肌も髪も若返る!

体を温めて冷えを解消し、病気を改善するために、最も有効な食べ物が「ショウガ」です。日本古来の医学書『医心方』にも記述がありますが、ショウガの薬効は昔から知られていました。現在でも、日本で使われている漢方薬の7割以上に、ショウガが入っているほど、幅広い薬効が認められています。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

【なぜ?】免疫は「ととのえる」ことが重要で 上がり過ぎてはいけない

免疫とは、「自分と自分でないものを見分け、自分ではないもの(病原体や毒素など)を排除して、自らの健康を守るシステム」のことです。これを一方的に高めると、逆にバランスを崩してしまいます。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教授)


ランキング


>>総合人気ランキング