メンタルヘルスケアについて

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このページは、メンタルヘルスケアに関する健康法の一覧です。


メンタルヘルスケアについての健康情報一覧

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!「バルサミコ酢」が医師のお勧め食材

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)


【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

過緊張に特に効果があるのは小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。この小指刺激は過緊張だけでなく不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。【解説】七沢久子(山梨県歯科衛生専門学校校長・七沢歯科医院院長)


あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


うつ病の患者は猫背でうつむきがち 専門医が考案の「首腰枕」で改善

うつ病の患者は猫背でうつむきがち 専門医が考案の「首腰枕」で改善

東洋医学では、うつ病は体内に気(生命エネルギー)が滞った状態と考えます。この気を自律神経の働きに置き換えると、うつ病という病気はより理解しやすくなるでしょう。うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【医師解説】なぜ、薬は体に「悪い」のか? マクロファージとアセチルコリンについて

【医師解説】なぜ、薬は体に「悪い」のか? マクロファージとアセチルコリンについて

そもそも、なぜ薬は体によくないのでしょうか?あらゆる多細胞生物は、細胞どうしが共通した情報のもとで働き合い、生命活動を行っています。その情報伝達を専門に行う組織が神経です。しかし、私たちが神経を発達させたのは、動物に進化してからです。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心身診療室院長)


【精神科医考案】「生きづらさ」感じてませんか?脳の苦しみを和らげるセルフケア

【精神科医考案】「生きづらさ」感じてませんか?脳の苦しみを和らげるセルフケア

現代はストレス社会です。昔より便利で快適な生活が実現した一方、現代人はさまざまなストレスにさらされ、生きづらさを感じている人が少なくありません。その結果、心と体、自律神経のバランスがくずれ「脳が苦しんでいる人」が増えています。自分でできる「脳の養生法」をご紹介します。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師)


【精神科医考案】脳の興奮を抑え、苦しみから解放する「5本指いい子」のやり方

【精神科医考案】脳の興奮を抑え、苦しみから解放する「5本指いい子」のやり方

「5本指いい子」をすると何が起きるかというと、ほとんどの患者さんの脳の異常な興奮が鎮まってきます。PTSDのフラッシュバックで、突然、騒ぎ出す子どもや、壁に自分の頭をぶつけるような子ども、自閉症で物を壊したりする子どもにやってあげると、決まって「気持ちがいい」と言います。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師) 


【精神科医考案】心の平穏を取り戻し、脳が涼しくなる「焼酎風呂」のやり方

【精神科医考案】心の平穏を取り戻し、脳が涼しくなる「焼酎風呂」のやり方

「焼酎風呂」は気功法を応用した脳を落ち着かせる養生法です。PTSDや自閉症、発達障害はもちろん、職場でミスをして落ち込んだり、人間関係で悩んだり、学校でいじめられたりといった、心身ともにショックを受けるようなことがあったときにやると、脳が静かになり、心の平穏を取り戻すことができます。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師) 


【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

【看護師が実践】子宮筋腫が改善した「中指ねじり」―うつ、認知症にも効果あり!

私は田園調布長田整形外科のウェルネスプログラムで指ヨガの講座を担当しています。血圧や脈拍数の低下、腰痛・めまい・うつ・子宮筋腫・不整脈など改善した症状も多岐にわたります。もう1つ驚いたのが、認知症への効果です。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 


 「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

「中指ねじり」で脳の緊張がほぐれ 全身の痛みや不調を 根本から消すと医師もお勧め

私は治療にあたり、西洋医学的アプローチに加えて、さまざまなウェルネスプログラムを導入しています。なかでも最近患者さんに好評なのが、手指をもむ「指ヨガ」です。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


ランキング


>>総合人気ランキング