メンタルヘルス

メンタルヘルス

メンタルヘルスとは、広く「こころの健康」のことを指します。こころの病気として、うつ病や睡眠障害、双極性障害、適応障害といった病名が知られていますが、診断基準としては、病名をつける上で原因は問わないことが基本となっています。同じうつ病という診断がついた場合でも、ストレスがきっかけの場合もあれば、体の病気と関係していることもあります。このカテゴリは、メンタルヘルスの改善に役立つ記事を紹介しています。

メンタルヘルスに関連するキーワード

ストレス うつ 不眠 パニック障害
>>メンタルヘルスに関連するキーワード一覧

メンタルヘルスの健康情報一覧

大自然の恵みで心身の不調を整える「緑の呼吸法」とは

大自然の恵みで心身の不調を整える「緑の呼吸法」とは

食事を取らず、呼吸だけで肉体を維持している人がヨーロッパには4万人いるそうです。秋山佳胤先生もその1人。その秋山先生に、「誰でも体調がすぐれないと感じたら試してほしい」という、お勧めの呼吸法を教わりました。【解説】秋山佳胤(医学博士・弁護士)


あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)


【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

【幸せになる方法】深呼吸に“幸せな言葉”を加えるだけ ― 累積納税額日本一の幸せ富豪から学ぶ

累積納税額日本一の幸せ富豪・斎藤一人さんは、「空気がおいしいなあ」と言ってから深呼吸することで、もともと味がない空気もおいしくなると言います。幸せも空気のようなものなのかもしれませんね。【解説】高津理絵(スピリチュアル・カウンセラー)


【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

【緊張する場面、苦手な人との会話の前に】ストレスから自分の身を守る呼吸法

朝の満員電車で、あるいは、痛ましい事件や事故のニュースを見たとき、人は心身の苦痛から身を守ろうと、息を止めて無感覚になっているといいます。それと同時に、「自分を見失う」状態にもなっているといいます。そんなとき、ストローを吹くような呼吸をするといいのです。【解説】藤本靖(ロルフィング®スタジオ・オールブルー主宰)


【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

【ストレス解消・うつ改善に効果】マインドフルネス呼吸法で心に疲れをため込まない!

意識を「今ここ」に集中させる「マインドフルネス」という技法が、欧米の医療・教育現場に導入されています。健康な人のストレス対処にはもちろん、抑うつ症状や慢性的な痛みがあるひと、子どもから大人まで、どんな人にも有効な呼吸法を紹介します。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネス・インスティテュートCEO)


【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

私は更年期障害がひどく、ホットフラッシュや多汗、イライラなどの症状に悩まされ続けてきました。特にひどいのがホットフラッシュ。常時、体が熱く、汗がものすごく出るのです。そのため、自分だけ部屋の温度を低くしたりしていました。【体験談】中西洋子さん(仮名・50歳公務員・静岡県)


【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

【医師の私も回復】ストレスを取り、うつ病の症状が改善するヨガ「くつろぎのポーズ」

ストレスは、老若男女の自律神経を蝕みます。30年以上にわたって耳鼻咽喉科の医師をしていますが、近年、ストレスによる「耳鳴り、めまい、難聴」を訴える患者さんが急増しています。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長) 


【あなたは今どんな姿勢?】「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る理由

【あなたは今どんな姿勢?】「力強いポーズ」をとると、やる気が高まりストレスが減る理由

「悲しいとき、無理にでも笑っていると楽しい気持ちになってくる」という話を聞いたことはありませんか。もしこれがほんとうなら「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい気持ちになる」ということになります。実はこれは「自己知覚理論」といって心理学の世界では、ひじょうに有力な理論です【解説】松元健二(玉川大学脳科学研究所教授) 


【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

【不安やストレスのない生き方】ハワイのシャーマンから学んだ「自律神経調律法」

ニューヨークで救急隊員をしていた頃、仕事で訪れていた病院で、キリスト教のチャプレンのかたと知り合いました。チャプレンとは、教会などに属さない聖職者のことです。縁あってそのかたのアシスタントを務めるようになったのです【解説】サニー・カミヤ(ハワイアンサイエンティスト・日本防災教育訓練センター代表) 


うつ病の患者は猫背でうつむきがち 専門医が考案の「首腰枕」で改善

うつ病の患者は猫背でうつむきがち 専門医が考案の「首腰枕」で改善

東洋医学では、うつ病は体内に気(生命エネルギー)が滞った状態と考えます。この気を自律神経の働きに置き換えると、うつ病という病気はより理解しやすくなるでしょう。うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【医師解説】なぜ、薬は体に「悪い」のか? マクロファージとアセチルコリンについて

【医師解説】なぜ、薬は体に「悪い」のか? マクロファージとアセチルコリンについて

そもそも、なぜ薬は体によくないのでしょうか?あらゆる多細胞生物は、細胞どうしが共通した情報のもとで働き合い、生命活動を行っています。その情報伝達を専門に行う組織が神経です。しかし、私たちが神経を発達させたのは、動物に進化してからです。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心身診療室院長)


うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

「人の心は、腸にある」私は常々、診察室でこう話してきました。うつ病や不眠症、パニック障害などの心の病気を、おなかを触って腸の状態を診断し、漢方薬を処方して治してきました。精神科では治らなかった心の病気が、なぜ腸を診て治るのか。私が出した答えが「考根論」です。【解説】田中保郎(西諌早病院 東洋医学研究センター長) 


【うつ・アトピー】大本の原因は腸にあり!「柿」と「ラード」を避けよ

【うつ・アトピー】大本の原因は腸にあり!「柿」と「ラード」を避けよ

私は、長年、おなかを診て、うつやアルツハイマー、不眠など、さまざまな病気の治療をしてきました。「おなかでうつを治す?」と不思議に思う人がいるかもしれませんので、まずは、腸を整えることでうつを改善した患者さんの例をご紹介しましょう。【解説】田中保郎(西諫早病院 東洋医学研究センター長)


自律神経を整え血流を改善し自然治癒力を引き出す「サウンドヒーリング」

自律神経を整え血流を改善し自然治癒力を引き出す「サウンドヒーリング」

鳥の声や木々が風にそよぐ音、川のせせらぎ、ゆったりした波音など、自然の音で私たちの心は和みます。人間は地球の生命進化のプロセス上に誕生し、私たちは自然の一部だからなのでしょう。【解説】喜田圭一郎(サウンドヒーリング協会理事長)


【自然音】は自律神経の働きと血液循環を正常化させる働きがある

【自然音】は自律神経の働きと血液循環を正常化させる働きがある

東洋医学では、「血」が全身を巡って、肉体に栄養を供給したり、精神を安定させたりすると考えられています。生命現象のもとと言える「血」とは、血液に当たります。【解説】西條一止(筑波技術短期大学名誉教授・医学博士)


【精神科医考案】「生きづらさ」感じてませんか?脳の苦しみを和らげるセルフケア

【精神科医考案】「生きづらさ」感じてませんか?脳の苦しみを和らげるセルフケア

現代はストレス社会です。昔より便利で快適な生活が実現した一方、現代人はさまざまなストレスにさらされ、生きづらさを感じている人が少なくありません。その結果、心と体、自律神経のバランスがくずれ「脳が苦しんでいる人」が増えています。自分でできる「脳の養生法」をご紹介します。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師)


【精神科医考案】脳の興奮を抑え、苦しみから解放する「5本指いい子」のやり方

【精神科医考案】脳の興奮を抑え、苦しみから解放する「5本指いい子」のやり方

「5本指いい子」をすると何が起きるかというと、ほとんどの患者さんの脳の異常な興奮が鎮まってきます。PTSDのフラッシュバックで、突然、騒ぎ出す子どもや、壁に自分の頭をぶつけるような子ども、自閉症で物を壊したりする子どもにやってあげると、決まって「気持ちがいい」と言います。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師) 


【精神科医考案】心の平穏を取り戻し、脳が涼しくなる「焼酎風呂」のやり方

【精神科医考案】心の平穏を取り戻し、脳が涼しくなる「焼酎風呂」のやり方

「焼酎風呂」は気功法を応用した脳を落ち着かせる養生法です。PTSDや自閉症、発達障害はもちろん、職場でミスをして落ち込んだり、人間関係で悩んだり、学校でいじめられたりといった、心身ともにショックを受けるようなことがあったときにやると、脳が静かになり、心の平穏を取り戻すことができます。【解説】神田橋條治(伊敷病院医師) 


【プチ断食の効果】梅湯で宿便がドサッと出て心もデトックス!うつが治り、毎日快便!

【プチ断食の効果】梅湯で宿便がドサッと出て心もデトックス!うつが治り、毎日快便!

ちょっとした夫婦の行き違いで、うつ病を発症した私は、2007年頃から投薬治療を続けていました。ところが、病状はよくなるどころか、薬の量は増えるばかり……。しだいに、睡眠導入剤や安定剤の影響で、1日じゅう頭がぼーっとした状態で過ごすようになりました。【体験談】原田直美さん(57歳・事務員・東京都)


【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

私は12年前に、福田‐安保理論に基づき、姿勢と自律神経の関係に注目。首腰枕を使った背骨のストレッチ法を開発し、指導を始めました。首腰枕は、腰痛や肩こりなど、筋骨格系の病気はもちろん、うつ病やパーキンソン病など、脳神経系の病気にも、著効を発揮しています。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心身診療室院長)


ランキング


>>総合人気ランキング